プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

傾斜45度の重力刺激 【2010-06-01(火) 23:26】
きっかり半月ぶりの妻の病院。
まだ少し術後の傷痕が痛いけれど、どうしても会いたくなった。

私の入院中、必要に迫られて導入したWiMaxのおかげで、移動中でも、また妻の病院でも、ネットに接続することができる。
急な仕事の以来にも対応可能。
自宅には長男が待機しているし。(HPの更新など、仕事も手伝ってくれている。)

病室に入ると、ちょうど妻はリハビリルームに移動するために車イスに乗ろうとするところだった。
手伝いたかったけれど、まだ完全に傷口がふさがっていないので、力仕事はちょっとムリそうなので、あきらめた。

私の病気のことは長男経由で知れわたっているらしい。
スタッフのみなさんに激励していただいた。

久しぶりに会う妻は、顔色も良く、とても元気そうに見えた。

さてさて、今日のリハビリは、なんと「立つ訓練」。
もちろん、体をしっかり固定したうえでのことだけれど、ベッドを最大45度まで傾けて、足の裏に体重を感じさせ、体全体に垂直方向の重力刺激を与えるというものだった。

100601a.jpg

まずは傾斜25度で、少しずつ慣れさせていく。

100601b.jpg

次は、35度で一休み。
傍で見ていると、これでも、かなり刺激的に見えた。

100601c.jpg

体が傾斜になじんだところで、いよいよ45度。
本人は、それなりに怖いんだろうと思う。体全体が緊張している感じだった。
足の裏には、しっかりと体重がかかっている。

そしてこの45度の傾きのまま、グーパー練習。

100601d1.jpg

右手でグーを作りながら、理学療法士のSさんが、
「左手も一緒にグーを作ってくださいね」というと、ゆっくりと左手の指が曲がり出した。

100601d2.jpg

「はい、今度はパーですよ。左手も一緒にね」というと、左手の指が開き始める。

「これ、分かっているんでしょうか?」と私が聞くと、

「左右の神経はつながっているので、反射かもしれませんが、でも、聞こえていると思いましょう。ちゃんと動くということだけでも、希望ですから」と、Sさん。

45度の傾斜のまま約20分キープ。

「よくがんばりましたね、せっかくだから、座る練習もしましょうね。」

今度は、後ろから支えてもらいながら、座る姿勢。

100601f.jpg

「ほら、自分の力で首を支えようとしてくれるんです。最初はグラグラで手を放せなかったけれど、今は手を離しても大丈夫。最近は、右目も開けてくれるようになったんですよ」

100601e.jpg

座りの姿勢で、首をまっすぐに伸ばすと、ほんとに右目が半分ほど開いた。

手術から3週間ぐらいたったころ、一度だけうっすらと開いたことがあったけれど、それ以来ずっと閉じたままだった右目が開き、瞳が見えた。

「劇的な回復はドラマの世界での話です。現実は、ゆっくりゆっくり、よく見ていないと分からないほどの変化だけど、それでも確実に良くなっています。今はまだ発症からあまり時間が経っていないから、理学療法や作業療法など、毎日1時間は何らかのリハビリを行うようにしているんですよ。」

なんてありがたいんだろう。
手を動かしたり、角度を変えたり、頭を持ち上げたり、とにかく何かするごとに、必ず「○○しますよ」と声をかけながら、話しかけながら、笑いかけながら、楽しそうに、プログラムをこなしていく。

約1時間のリハビリを終えて、病室に帰る途中、Sさんが、

「天気がいいし、ベランダに出て写真撮りませんか? ナラティブアルバム見たんですけど、ご夫婦の2ショット写真があまりないみたいですから」

――というわけで、仲良くフレームに収まりました。

100601g.jpg

お互い手術を経て、1つずつ年をとったばかり。
山を越え谷を越えて、何年ぶりかの2ショットだね。
春の日差しが、とってもとっも、さわやかな1日。

安定期/リハビリ | 【2010-06-01(火) 23:26】 | Comments:(1)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最高のHappy Birthday フォトレポート 【2010-06-04(金) 18:28】
5月28日は、妻の53回目の誕生日だった。
夫婦共に入院中という状況で、お祝いどころではないと思っていたけれど、5月28日の記事にも書いたように、ずっと家族ぐるみでお付き合いをしてきたT夫妻が、長男と3男と、そしてラッキーも一緒に、心づくしの誕生会を開いてくれた。

そのときの様子を、ビデオからの静止画キャプチャーでレポートします。

100604-1.jpg
病院の敷地内にある小さな公園。
さわやかなとても天気の良い1日だった。

100604-2.jpg
4ヶ月ぶりの「母子」の再会。

100604-3.jpg
ラッキーは、くんくんと匂いをかぎながら、母を思い出しただろうか・・・。

100604-4.jpg
柔らかなラッキーの毛の感触。

100604-5.jpg
いつも、ほおずりして、可愛がっていた。

100604-6.jpg
いつもならすぐに抱っこしてくれるのに、今日はどうしたんだろう? という感じのラッキー。

100604-7.jpg
ケーキには、ちゃんとキャンドルまで。

100604-8.jpg
53歳。下1ケタで、3本に点火。

100604-9.jpg
みんなで、♪Happy Birthday♪を歌ってくれました。

100604-10.jpg
ケーキの後は、公園をぐるっと散歩。
車イスを押しているのは3男。
後ろの2人は、長男とTさん。
100604-11.jpg


100604-12.jpg
病室に戻り、車イスからベッドへの移動。
先回、講習を受けた長男と3男が担当。

100604-13.jpg
カワイイ息子たちに抱きかかえられて幸せそうな妻。
100604-14.jpg

おかげさまで、最高の誕生会でした。

夫婦の時間/想い出 | 【2010-06-04(金) 18:28】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

再び立つ訓練 【2010-06-12(土) 20:47】
1週間ぶりの病院。
今日もちょうどリハビリの時間に立ち会うことができた。
車イスへの乗り降り、手術後の痛みがほぼなくなったので、私も自分でやれるように教えてもらいながら参加させてもらった。

リハビリルームに向かう途中、ベランダに立ち寄り、そこで、口のなかに薄いレモン水を含ませたりして味覚の刺激と、口内の洗浄。

リハビリルームでは、再び立つ訓練。
先回は25度→35度→45度だったけれど、今日は30度→45度→55度とグレードアップしていた。

100612a.jpg

55度になると、本人からするとほとんど立っているような感覚になるそうだ。
太ももやお腹のあたりが緊張して力が入っている。
ちゃんと重力に反応して体を支えようとしているらしい。

次は、座る訓練。

100612b.jpg

リハビリ開始のころから比べると、自分で首を支えようとする力が強くなってきているということだ。
首がしっかりしてくると、車イスの乗り降りもずいぶんラクになる。

     *

さて、家のほうは、長男が予備校に行き始めたので、何かと忙しくなった。
ブログの更新もちょっと滞りがち。

私も退院して2週間。
体調はほぼ戻ってきたような気がするけれど、やっぱり疲れやすくなったような気がする。
体重は8Kgぐらい減ったまま。

夕食をどうするかが、今のところ大きな問題。
今までは長男が作っていたけれど、自習室に残って勉強してくるため、帰りは10時過ぎになる。

スーパーで惣菜を買ってきたりして何日か凌いだけれど、さすがに飽きてきたし、あまり続けて食べると、なんとなく体調も悪くなるような気がしてくる。

そこで、食材宅配というサービスを試してみることにした。
買い物やメニューを考える手間が省け、レシピが付いてくるので、調理も簡単。
調理時間もぐっと短くなる。

とにかく、何とかこの難関を乗り越えていかなければ。

安定期/リハビリ | 【2010-06-12(土) 20:47】 | Comments:(1)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

子どもたち3人が勢ぞろい 【2010-06-20(日) 22:51】
今日は、久し振りに子どもたち3人が勢ぞろいで病院に行った。
私とラッキーは、お留守番。

2男は、ほぼ1ヵ月ぶりの再会になる。
「髪の毛が伸びて、倒れる前とほとんど同じような顔だった」
いろんな管も外れて、たしかに、見た目はずいぶん「普通」になってきている。

母子の仲はとても良いほうだったけれど、今の状態を、子どもたちはそれほど悲しんではいない感じだ。
たしかにちょっと寂しいときもあるけれど、みんな「普通」に日常を過ごしている。
それぞれ、家事を分け合い(押し付け合い?)ながら、楽しく、幸せな感じで暮らしている。
カメルーン戦もオランダ戦も、みんなで興奮しながらTV観戦した。

相変わらず超楽天的な言動を繰り返し、上空10kmぐらいを飛んでる感じの長男。
相変わらずマイペースで不思議な言動を繰り返し、はるか成層圏の外を漂ってる感じの2男。
相変わらずラッキーを追い掛け回し、地べたを這いずり回ってる感じの3男。
笑ったり、ケンカしたり、遊んだり、勉強したり。
幸せな感じは、「かあさん」がいるころと、そんなに変わらない。
希望も不安も、喜びも不安も、同じように行ったり来たりする。

情けないことに、一番、落ち込みがちなのが、私自身かもしれない。
ときどき、寂しさや脱力感に覆われ、何もする気がなくなってしまう。
それでも、子どもたちに支えられて何とかがんばっている。

火曜日から、2男は沖縄へ修学旅行。

母親不在のなか、すべて自己責任で準備をしているけれど、それでもとっても楽しそう。

病院での写真、3男が撮ってきたけれど、とてもお見せできるようなレベルではなく、ボツです。

子どもたち | 【2010-06-20(日) 22:51】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示