プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

とりあえず、すべり止まって一安心 【2011-02-14(月) 18:07】
ほぼ1ヶ月ぶりの日記です。

みなさん、コメントありがとうございました。

おかげさまで妻は、安定しています。

意識レベルはあまり変らないけれど、

それでも毎日ハビリにがんばって(がんばらせられて?)います。

今日は、長男(T)の受験の結果報告をしてきました。

     *

  去年のセンター試験、あなたはその前日に倒れたんだけど、覚えてる?

  試験当日の朝、大手術の真っ最中にTは試験会場に行ったんだ。

  それでもなかなかの成績で、足きりは余裕で突破したんだけれど、

  今回は、それよりさらにぐっと点数がUPしたらしい。

  だから「センター試験利用」という制度で、

  すべり止めのW大(政経)とK大(法)に合格したよ。

  センター試験の結果だけで決まるから、

  ただ申請するだけ。2次試験は免除。

  発表もネットで確認するだけだから、

  なんだかあんまり感慨もなかったけれど、

  普通に考えたら、それなりに立派なことだと思う。

  母子?で目指していた本命の2次試験はこれからだから

  今回はとくに何もお祝いしなかった。

  あなたがいたら、きっとご馳走が出たんだろうけどね。

  じいちゃん、ばあちゃんは、泣いて喜んでた。

  「母親の育て方が良かったからです」と、言っておいたからね。

  いやホント、私も心からそう思っている。

     *

妻は、じっと私の眼を見て、話を聞いていた。

苦しいときに支えてもらえない悲しさよりも、

喜びを分かち合えない寂しさのほうが、

ずっとつらいと感じた。

でも、きっと伝わっていると、信じたい。

スポンサーサイト
夫婦の時間/想い出 | 【2011-02-14(月) 18:07】 | Comments:(11)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。