プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

日常を生きるということ 【2011-07-16(土) 16:52】
「今日も暑いね」って声をかけたら、妻は眼を開いてくれた。

     *

今日はリハビリのSさんと打ち合わせ。

普通は半年ぐらいすると、リハビリの時間は大幅に制限されるのだけれど、いろいろな方法を使って、できるだけその時間を多めにとってくれている。

理学療法士、作業療法士、言語療法士など、ほぼ毎日、誰かが関ってくれている。

そのおかげか、もう1年半も寝たきりという状態にも関らず、体重はあまり減っていないし、筋肉の衰えもそれほどではないようす。見た目的にも手や脚の太さは、あまり変っていないし。


打ち合わせを終えてベッドに戻ると、妻は目を開いてまっていてくれた。

話しかけると、何かを探すように、目が左右に動く。

その目の方向に、顔を持っていって、目を合わせようとするけど、焦点があっているかどうかは、分からない。
だけど、どうしても何かを求めて、何かを見ようとしている気がしてならない。

散歩のかわりに、ベッドの横で、子どもことや、ラッキーのことや、仕事のことや、世の中のことを、あれこれ話しをした。

     *

ゴメンね。いつものように外に散歩行きたいけど、この暑さではちょっとムリだね。

あなたが倒れてから、もう1年半。

ほんとにいろいろあった。世の中はいま、なにかとタイヘンな状況。

たくさんの人が、この暑さのなか、避難所生活を続けている。

わが家も、なかなか片付けができなくて、なにかと混乱状態。

でも、ご飯作ったり、弁当作ったり、買い物したりということには、もうずいぶん慣れた気がする。

そういうタイヘンさには慣れたけど、寂しいのにはなかなか慣れないもんだね。

あなたが元気なころから、一緒にご飯とか作っていれば、きっと楽しかったんだろうなって、思う。

被災地の人たちは、かつて家や街だったはずの瓦礫の中で、寂しさや悲しさや、いろんなつらいことを抱えながら、それでも、ご飯を作ったり、食べたり、洗濯物を干したり、笑ったり怒ったり、日常を生きている。

タイヘンさを人と比べても仕方ないけど、でも、そういう人たちのことを思うと、自分はもっとがんばれるって思うよ。

(ベッドの横の妻の車イスに座りながら、スマホのテザリングでWiMaxに接続、更新)


スポンサーサイト
夫婦の時間/想い出 | 【2011-07-16(土) 16:52】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。