プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

2012年の始まり 【2012-01-01(日) 22:25】
もう過ぎ去った2011年は、多くの人にとって、とてもつらい1年でした。

だけど同時に、日本人としての誇りや、世界中の人々との連帯も感じることができた年でもありました。

瓦礫の山に降り積もる雪の中、整然と並んで食料を分け合う人たち。

炊き立ての暖かなご飯を配る自衛隊員。
彼ら自身が食べていたのは、冷たい缶詰だった。

簡易設営のお風呂も被災者のためのもの。
隊員たちはタオルで体を拭くだけ。

身を挺して原発事故の拡大を阻止した人たち。
泥だらけのイヌやネコたちを探して、泥だらけになって救出している人たち。

全国から駆けつけたボランティア。

全世界から寄せられた義援金。

現実は、まだまだ厳しい状況が続いてはいるけれど、それでもみんな希望をもって前に進もうとしています。

人間ってすごいなあ、と思いました。

これから366日間続く2012年。

龍が天に昇るがごとく、きっと奇跡の復興の年として歴史に刻まれると信じています。

みなさまにとって、どうか幸多き1年でありますように。

雑想 | 【2012-01-01(日) 22:25】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

なにはともあれ感謝です 【2012-01-07(土) 22:50】
3連休の初日。快晴。

受験生2人を抱えた我が家には、正月も連休も、とくにいつもと変わりはない。

というわけで、私は今日も病院詣での1日。

天気が良かったので散歩に連れ出そうかと思ったけれど、ちょっと風が冷たそう。

「散歩、行く? ちょっと寒いかもしれないけど」

顔を近づけて話しかけたら、目を開いてくれた。

最近は、眠っていても、声をかけたり体に触れたりすると、目を覚ましてくれることが多い。

「それとも、ここで少しお話ししようか。今年の豊富とかさ・・・」

口元がかすかに動く。

(そうね)とか、(いいよ) とか、言っている(言おうとしている)んだろうか。

病室に出張してくれる理容師さんに髪を切ってもらったらしく、妻はとてもスッキリして見えた。

「なんだか若返ったね」と言いながら、頬と髪を撫でたら、驚いたように瞬きを繰り返していた。

きっと、私の手が冷たかったんだと思う。ごめん。

「お雑煮、T(長男)が作ってくれた。あなたの味を、ほぼ完璧に再現してたよ。」

「Y(2男)はもうすぐセンター試験。そういえば、あなたが倒れたのはTのセンター試験の前日だったね。もう2年になる。去年、1浪したTがセンター試験の時、ちょっと緊張した。私も倒れるんじゃないかってさ。今年も、まさか・・・と、なんとなく思ってるんだよね、ヘンだよね。」

「今夜は、カレーを作る予定。あなたのようにはできないけれど、でも高いルーを使うから、結構、評判いいんだよ。もちろん激辛。YやKは、こんなにおいしいのを食べたら、レトルトはもう食えない、とか言うしね」

「自他共に認めるオシドリ夫婦としては、別居中というのはどうも不本意ではあるけれど、まあナニはともあれ、こうして夫婦揃って生き延びて新しい年を迎えられたんだから、メデタイことだよね。感謝感謝」

夫婦の時間/想い出 | 【2012-01-07(土) 22:50】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

長男の成人式 【2012-01-09(月) 21:43】
今日は、長男の成人式。

実際に20歳になるのはあと4日後だけど、とりあえず大人の仲間入り。

国民年金の案内も届いた。

今月初め、最後の小遣いとお年玉を渡した。

まだ学生の身分だけど、20歳になったら小遣いはいらないと自分で言っていた。

携帯代も自分で払うらしい。

週に5~6時間の塾講師のバイトだけではどうにもならないので、4月からはIT関係の仕事を中心とした起業を目指し、現在プログラミング等を猛勉強中。

「父さんからの仕事もリーズナブルな価格で請け負うから」と、のたまっていた。

式典の会場・さいたまスーパーアリーナに向かうため、塾講師のバイト用に購入したスーツを着て、「どう、一人前の大人に見える?」と聞く長男に、「まあね」と軽く受け流していたけれど、ほんとは、しみじみといろんなことを感じていたんだよ。

妻は、どんなにこの姿を見たかっただろう。

子どもたち | 【2012-01-09(月) 21:43】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

20歳の誕生日 【2012-01-13(金) 21:28】
今日は、T(長男)の20歳の誕生日。

妻が母に、私が父になった日。

そういえば、去年のこの日も同じことを書いた。
【2011-01-13(木) 22:40】母となった日・父となった日

3人の息子たちのなかで、出産の現場に立ち会えたのは、この長男の時だけだった。

ニンゲンの命を生み出すという、考えてみればものすごい大事件な状況にあって、とにかく感動したこと、だけど父親である自分は、ただオロオロして励ますことしかできなかったことが思い出される。

あんなに小さかったのに、もう大人の仲間入り。

大学の友だちが祝ってくれるらしく、今夜は泊まりになるそうな。

せっかく今日届くように注文しておいたプレゼントも、渡すのは明日になりそう。

そういえば、妻の友人からもT宛に速達で荷物が届いていた。

息子さんはTと同い年。しかも誕生日はたった2日違い。

やっぱり、同じようなつらい状況を乗り越えて、今は前向きに大学に通っている。

子どもたちが小さい頃(東京に住んでいた頃)は、お互いの家に行ったり来たり、一緒に遊んだっけ。

ああ、懐かしい記憶がよみがえる。

妻が大好きだった人。倒れる2ヶ月ほど前、妻は10年ぶりで会いに行っている。

荷物の中身はなんだろう。

きっと誕生日に届くように速達で送っていただいたのに、スイマセン、本人に渡すの、明日になりそうです。

     *

明日は、いよいよ2男のセンター試験。がんばれ。

子どもたち | 【2012-01-13(金) 21:28】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

15歳の誕生日/ウカール! 【2012-01-14(土) 23:47】
今日は3男の15歳の誕生日。

昨日20歳になった長男とは1日違い。

だから誕生パーティはいつも合同だった。

2年前もそのつもりで、妻はケーキ作りや、ご馳走の材料を準備していた。

あの時は、16日(土)・17日(日)が長男のセンター試験だったから、たしか17日の日曜日の夜に、2人合同の誕生パーティ+長男のセンター試験お疲れさまパーティを予定していた。

それなのに、15日の昼、突然倒れてしまったのだった。

長男が18歳、3男が13歳になったのを見届けるように。

長男は、母親の生死をかけた大手術の真っ最中に、試験会場に向かった。

(そのあたりのことは、「発病~急性期」に詳しく書いてます)

今年は、今日・明日と、そのセンター試験に2男が挑戦中。

受験の申し込みから、受験料の支払い手続き、必要書類の用意など、すべて自分で行った。

それどころか、お風呂掃除や、家の片付けなど、直前まで普通にやらせていた。

昨日の夕食も、今朝の朝食もいつも通り普通の内容だったし、弁当は朝食の残り、そのまんまだった。

それでも、何も文句を言わずに、がんばってくると言って、出かけた。

妻がいたら、きっと特別な料理を作り、やる気の出るような弁当を詰めたんだろうと思う。

そういえば、お守りさえ持たせていない。

縁起とか、信じないわけではないけれど、そういうことはすべて妻任せだったせいか、どうも気が回らない。

ーーところが昨日、家族まるごと友だち関係にある熱海のT夫妻から、2男と3男(もうすぐ高校受験)宛に、とっても縁起の良い贈り物が届いた。

「ウカール」とか、「受カルピス」とか、「キットカット キットサクラサク」とか、「5角(ごうかく)の星形スナック」とか、そんな感じのお菓子が、応援メッセージと一緒にダンボール箱にギッシリテンコ盛り。

a20120113.jpg

もちろん2人は大喜び。さっそく、お菓子の争奪バトルを繰り広げていた。

そういえば、2年前、妻がパーティ用に買い置きしておいた材料で、ケーキや料理を作り、一緒に誕生パーティを祝ってくれたのも、このT夫妻だった。

妻が倒れたとメールしたら、その日のうちに熱海から駆けつけて、妻と、私と、そして子供たちにずっと寄り添っていてくれた人。

明日は、センター試験2日目。

そして妻が倒れた日。

もう2年になります。

子どもたち | 【2012-01-14(土) 23:47】 | Comments:(2)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

2年前の今日だった 【2012-01-15(日) 23:33】
妻が突然倒れたのは、ちょうど2年前の今日の昼だった。

衝撃、混乱、混沌、不安、絶望、受容、決意、希望・・・いろんな思いが交錯したこの2年間。

長かったようで、あっという間だったような気もする。

13日:長男の誕生日、14日:3男の誕生日、そして15日:妻が倒れた日と、わが家にとってこの3日間はとっても濃い3日間となった。

今日は、2男のセンター試験も終わったので、夜、ささやかな誕生パーティを行った。

いや、パーティとは名ばかりで、いつもよりちょっとだけご馳走なのと、ケーキがあるだけ。

何しろ、男ばかり、しかもみんな大きくなっているので、ハッピーバースデイ♪もなし。

それでも、こうして家族が寄り添えることの微妙な幸福感を、それぞれ共有できている気はしないでもない。

ケーキは、長男が自腹を切って、有名処の逸品を買ってきてくれた。

あと何回、こうして子どもたち4人(1ワン含)と、いっしょに誕生パーティを開けるのだろう。

2年前までは、そんなことあまり考えなかったけれど、妻が倒れてからは、毎日のように、そういうことを意識するようになった気がする。

日常のなかにある幸せを、深く深く実感する日々です。






夫婦の時間/想い出 | 【2012-01-15(日) 23:33】 | Comments:(7)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示