プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

お盆休みの事件 【2014-08-16(土) 21:00】
涼しい風が吹き、暑さが少し和らいだので、散歩のチャンスと思って、仕事を切り上げで急ぎ病院へ。

ところが、途中で突然の大雨。 雨は一向に病まず、久しぶりの散歩は断念。

エアコンの効いた病室で、マッサージをしながら、とりとめのない話を。

  (カッコ内は、私が勝手に想像した妻の反応です)

     *

Y(2男)が自動車免許を取ることになった。

(へえ、もうそんな年なのね)

あなたが寝てる間に、もう大学2年だし・・・。

こないだ実家に帰ったときに、「いい子」をやったみたいで、山形のばあちゃんが教習所の費用を出してくれた。

(あの子は普通にしてて、じいちゃんばあちゃんのウケがいい子だから)

T(長男)は、学科も技能もすんなりと合格したけど、アイツはあなたに似て天然なところがあるから、ちょっと心配だ。

(パパに似て、でしょ)

顔は丸じゃなく、楕円だから、たしかにこっちだけどね。

でもさ、昨日の夜、やっぱりYのことが心配になるような、ちょっとした「事件」があった。

(ジケン?)

ラッキーを散歩させて帰ってきたとき、メガネを外して顔を洗ったんだ。

それでラッキーに水を飲ませたり、着替えたりいろいろしてから、ふとまだメガネをしてなかったことに気づいて、置いたはずの所を探したけど、見つからない。

ほんの1~2分のことだから、すぐに出てくるだろうと思ったけど、散歩から帰った後の経路をくまなく探しても見つからない。

メガネを外して顔を洗うとき、近くにYがいたから、「メガネがなくなった。さっきまでしてたのに」というと、「きっとそのヘンにポイって置いたんじゃないの? こないだなんか、頭に掛けてたよね」と、笑いやがった。

もしかしたらボケが始まったか・・・とやや本気で焦りながら、家中、あちらこちら行ってもいない所まで探し回った。

それでも見つからない。

20分ぐらいして、もう一度Yの部屋に行き、「どこ探しても見つからない。父さん、いよいよ危ないかもしれんぞ」と言って、Yの顔をよく見ると、アイツ、何の疑いもなく私のメガネをしてやがった。

「それはなんだ!?」と追究すると、

「あれ?」と。 「ほとんど度が同じだから気づかなかった。デザインも似てるし」・・・だと。

「お前な、自分が置いたわけじゃないのに、メガネがそこにあるからって、何も考えずに、自分の物だと、どうして思えるの? 君の部屋じゃないんだしさ。 しかも、そのとき君はメガネをしてなかったわけだし。 それなのに、何の疑いもなくかけてしまうのは、どうかしてるだろが・・・」と、怒ってるうちにあきれて大笑いしてしまった。

(あの子なら、ありそうな話ね)

大学生になっても、哲学を学んでても、相変わらず、絶好調って感じだよ。

(やっぱり、あなたに似たんだね)

あなたが元気な頃は、お盆はたいてい子供たちを連れて実家に帰っていたよね。

私だけ、一人残って仕事をしていたことを思い出すよ。

山形のばあちゃんは、出不精だから、なかなかこっちに来てくれないけれど、あなたが眼を覚ましたら、すぐに飛んで来ると言ってる。

     *

――とうわけで、どうでもいいような会話をまったりとして来ました。

スポンサーサイト
夫婦の時間/想い出 | 【2014-08-16(土) 21:00】 | Comments:(9)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

病院近くの緑地公園 【2014-08-30(土) 21:29】
ようやく涼しくなってきたので、1ヶ月振りぐらいの散歩。

今日はちょっと遠出してみたら、誰も来ないような所にキレイな緑地公園を見つけた。

KIMG0027.jpg

地面には木のチップが敷き詰めてあるので、車イスではちょっと動きにくかったけれど、中に入ってみた。

「ここ、ラッキーを連れて来たら喜ぶだろうね」

「そういえば、子供たちを送り出してから、こんな感じの森林公園にラッキー連れて散歩するのが、毎朝の日課だったよね」

――あれこれ話をしてたら、蚊がブンブン寄ってくる。

今年はやけに蚊が少ないと思っていたけれど、いる所にはいるんですねえ。

思えば妻は、蚊が大キライだった。

夜、蚊の音が聞こえると、どんなに熟睡をしていても飛び起きて追いかけ回していたのを思い出す。

「あなたに捕まるぐらいだったら、とっくに自然の摂理の中で淘汰されていると思うけど・・・」という私の言葉などものともせず、眼をランランとさせて子供たちを蚊の襲撃から守ろうとしていた。

今、目の前に蚊が飛んで行ったら、もしかしたら飛び起きたりして――なんてちょっといじわるな幻想を抱いたけれど、刺されてかゆくなっても掻けないだろうし、早々に退散しました。

KIMG0019.jpg

夫婦の時間/想い出 | 【2014-08-30(土) 21:29】 | Comments:(11)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。