プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

夫婦でお買い物 【2015-10-13(火) 17:29】
先日、近所のスーパーで買い物をしていたとき、同年代の夫婦の会話を盗み聞きした。

盗み聞きというか、自然に聞こえてきたんだけど…。

妻「今夜は鍋なんてどう?」

夫「なんでもいいよ」 って、だいたい夫は、こんなふうに言う。私も、です(でした)。

妻「あ、このサンマおいしそうね。食べたい?」

夫「なんでもいいよ」

妻「白菜、まだ高いね。鍋はやめて、やっぱり煮物にしようか…どう?」

夫「だから、なんでもいいよ。買い物が早く終わるものが食べたい」

――ダンナさんは、つまらなそうにカートを押しながら、奥さんの後ろをついて回る。
ときどきスマホをいじりながら、奥さんの話も上の空…

なんだか、数年前の自分の姿を見ているようで、苦笑してしまった。

きっと仲の良い夫婦なんだろうと思う。

でも今のその、一見タイクツに思える瞬間が、じつはどれほど幸せなのか、きっとダンナさんには分かっていないと思う。

私もそうだった。何を聞かれても、「なんでもいいよ」とこたえて、それでも妻はまたすぐに、「これ食べたい?」とか聞いている。

何度も何度も同じことを繰り返し。

でも今はそれが、手の届かない夢や憧れのように思い出される。

なんでもない日常が、宝物のような時間だったと…気づいた時には、もう遅かった。

秋になると、なんだかどうしても感傷的になってしまいます。

今夜は3男のリクエストに応えて、この秋初めての鍋にしようかな…

白菜は、まだ高いけど、ま、いいか…

さてと、買い物に行かないと。

夫婦の時間/想い出 | 【2015-10-13(火) 17:29】 | Comments:(16)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示