プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

「氷の塊」の正体 【2010-05-18(火) 22:56】
4月の初めごろの記事で書いた「みぞおちのあたりの氷の塊」の正体は、どうやら胆石らしい。

「氷の塊」は1週間ほど前にも出現し、さらには昨日も出た。

痛みがピークに達したときは、それこそ死ぬほどの苦しみに襲われる。

脂汗が流れ出て、水をかぶったようになる。

意識が遠のいていく。

遠のく意識のなかで、妻の病気がこんな苦しみを伴うものでなくて良かったと思った。

この激痛、2年ほど前に1度経験したことがあったけれど、妻が倒れてからの4ヵ月間で月に1度になり、さらには週に1度になった。

子どもたちや友人たちの強い勧め(というより強制)で、ようやく病院に行き診てもらった。

エコー検査の結果、胆嚢の中に石が3~4個。

できるだけ早いうちに摘出手術をしたほうが良いということになり、明日、また手術のための精密検査が行われることになった。

胆嚢を摘出することになるけれど、たいした後遺症もなく、普通に生活できるらしい。

まあ、妻が経験した手術に比べれば、蚊に刺されたようなものだろうけれど、それでも5日間ぐらいの入院が必要となる。

しばらくは妻に会いに行けなくなってしまうかもしれない。

いずれにしても、「氷の塊」の原因がはっきりして、少し安心できた。

それにしても、今年は年初めからいろんな波が押し寄せてくる。

そんな中にあって、不思議と子どもたちは仲良くケンカしながら、ジャレ合いながら、平穏に、明るく過ごしている。

激痛に身をよじる父を見ても、その基本的なスタンスは変わらない。

現実が分かっていないのか、根っから楽天的なのか、必死で希望を持ち続けようとしているのか。

いずれにしても、私自身は、その明るい雰囲気にいつも救われている。

死ぬほどの苦しみの中にあっても、なんとかなると思えてくる。

雑想 | 【2010-05-18(火) 22:56】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

お大事になさってください。
2010-05-18 火 23:34:19 | URL | サナ #- [ 編集]

ご自分のお身体もお大事になさってくださいね。きっと、周りの方々に助けていただけると思いますが、ご無理をなさらないように。息子さんたちにもしっかり甘えてください。素晴らしいパワーが生まれますよ!
2010-05-19 水 08:54:02 | URL | kame #- [ 編集]

お見舞い申し上げます。
胆嚢ではないものの、私にも結石の経験があるので失礼を承知で
書きます……「不幸中の幸いだと思って乗り越えてください!」
腫瘍だとか血管系の厄介な疾患だとそれこそ大変なことになって
しまいますが、結石(胆石)は一時の転げ回るような激痛と処置
さえ乗り越えれば「あの痛みと不安はなんだったのか」と思える
ものです。おそらく、痛みにも負けないぐらい不安がツラかった
のじゃないかと思います。心労をひとつ脱ぎ捨てて、早くお元気
になってくださいね。
そうそう、男の手料理やご長男の手料理、外食や既製食品はつい
コレステロールが高めになりがちですのでご注意ください。
2010-05-20 木 18:58:58 | URL | 晴 #ncVW9ZjY [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-21 金 11:25:43 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示