プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

最高のHappy Birthday 【2010-05-28(金) 20:56】
今日は妻の53回目の誕生日。
子どもたちの誕生日は、それなりにお祝いをしても、親のときは、ちょこっとケーキを食べるぐらいで、”いまさら”という感じだった。
まして私のほうは、2男と2日違いなので、いつも「合同」という名目でスルーしていたし。

今回は、とりあえず「生きて迎えることができた」というだけでも、とても感慨深い1日になるはずだった。
ところが、私までもが入院中という状況ではどうしようもない・・・と思っていたら、熱海のT夫妻と子どもたち、そしてラッキーまでが妻の所に行き、病院の庭で誕生会を開いてくれた。

そのときのビデオをいま私は病室のベッド上で見ている。
妻を車椅子に乗せ、庭に連れ出し、小さなケーキにロウソクをたて、火を灯し、みんなでHappy Birthdayを歌ってくれた。
4ヵ月半ぶりにラッキーに会うこともできた。

   良かったね。
   幸せだね、私たち。

涙があふれた。
切ったばかりのお腹がまた苦しくなるほど、嬉しかった。

本人の意識がはっきりせず、夫もいないという状況だけど、最高の誕生日だったと思う。

私が退院したら、写真などをUPします。

     *

さて、私のほうの胆嚢摘出手術は、おかげさまで無事に終わりました。
全身麻酔のなか、私はただ寝ていただけなので、文字通り、あっという間のできごとだった。

手術前は、看護師さんたちが、緊張や恐怖をやわらげるように、いろいろ気を使ってくれたけれど、妻の大手術を経験した後のなので、ほとんど何の気負いもなく、拍子抜けするほど気楽に手術台に乗った。

「はい、眠くなりますよ・・・」の声を最後に気を失った。
目が覚めたらベッドに横たわる私を覗き込む長男とTAさんの笑顔が見えた。
ああ、終わったんだ・・・と思った。
直径2cmぐらいの大きな胆石が2個。その他にも小さな石が何個か出てきた。

これからまた何か新しいことが始められるような気持ちになれた。

夫婦で入院 | 【2010-05-28(金) 20:56】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

生きているって本当にありがたいことなんですよね。
ステキな奥様の誕生日になり良かったです。

手術の方も無事に終わったとのこと、安心いたしました。
お大事になさってください。

2010-05-28 金 22:44:10 | URL | たけちゃん #- [ 編集]
奥様のお誕生日おめでとうございます 今奥様は長い人生の中でしばしの休憩のひととき 時間はかかるかもしれませんがきっとまたひまわりさんのそばで笑顔を見せてくれるはず それまで焦らずゆっくりと待ってあげてくださいね ひまわりさんの手術も無事に終わってほんとうれしいです どうか今しばらくはご自身のお体大切になさってください
2010-05-29 土 21:12:52 | URL | まさみ #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-29 土 21:22:30 | | # [ 編集]
みなさん、コメントありがとうございます。
おかげさまで、予定通り退院できそうです。

妻に看病してもらえなかったのはちょっと寂しかったけれど、
その分、妻を看病できる喜びを感じていきたいと思います。
2010-05-30 日 20:57:55 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示