プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

夫婦の会話? 【2010-08-19(木) 23:25】
仕事がひといきついたので、昼から妻のいる病院詣で。

ぐっすり眠っているようすだったけれど、ツメを切ってあげていたら、いつの間にか眼を開けてじっとこっちを見ている。

「しかし、あなたのツメは丸まっていて切りにくいね。そのうえ深爪しても、何にも文句を言わないし」

(そんなこと言わないで、上手に切ってね)

「あれ、話ができるの?」

(アナタの中にいるワタシが話しているの)

「私の中にいるあなたが、私と話しているということ?」

(だいたい、そう)

「じゃあ、あなたの中にいる私は、何をしている?」

(いつもどおりよ)

「なんだよ、それ」

(うーん、うまくせつめーできない)

「まあいいか、話ができるんだし。ところで、この前、車イスで散歩したの覚えてる?」

(Gさんも一緒だった)

「そうそう」

(ちょっと暑かった・・・でも、楽しかった)

「また散歩行く?」

(今日は、ここでゆっくりお話しない?)

「いいよ」

(今までで一番楽しかったのはいつ?)

「ずっと楽しかったけど、やっぱり結婚してから子どもが生まれるまでの間かなあ」

(どうして?)

「もちろん子育ても楽しかったけれど、それなりに責任も重くて、二人だけの頃の気楽さとは、ちょっと違ってたからね」

(あのころ、毎朝、駅まで2人で手をつないで歩いたよね)

「そうそう、あなたも臨月まぢかの大きなお腹を抱えながら、まだ勤め人だった私を見送ってくれた」

(アナタはいつも面白い話をして、ワタシを笑わせてくれた・・・)

「あなたは何を話してもすぐ笑う人だった。歩きながらでも声をあげて笑うから、ちょっと恥ずかしかったけどね」

(宇宙の星の数とか、時空のゆがみとか、リョーシロンとか、ゲンショーロンとか、ワケの分からない話も・・・)

「そんな話もしたっけね」

(「人はみんなそれぞれ”世界”や”宇宙”をもっていて、そこには誰も入り込めない。だけど、私たちはお互いに扉を開いて、同じ世界をつくろうね」って、言ってた)

「アハハ、ほんとにワケの分からない話だ」

(ワタシも、あの頃、楽しかった。でも、一番幸せだったのは、また別だよ)

「いつ?」

(また後で教えてあげる。でも、ワタシはアナタの世界に入れたの? アナタはワタシの世界に入れた?)

     *

妻が元気な頃、顔と顔をくっつけて、お互い相手の眼の中に映る自分を見つけて、二人で大喜びしたことがあったっけ。



人気の記事 | 【2010-08-19(木) 23:25】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-08-20 金 23:50:14 | | # [ 編集]
これすごいと思いました。

やがて科学が進むと昏睡状態の人と

会話ができる時代がくるかもしれませんね。

いや~、ちょっとすばらしいレベルです。
2010-08-20 金 23:58:53 | URL | はぐれ #- [ 編集]
そうそう、こんなカンジ♪こんなカンジ♪
なにかしら確信的な声が、
自分の中のどこかから聞こえてきて
それは間違いなく相手の声で…。

会話ってココロでするもんだなぁ…と
実感できるのは、貴重な体験ですね。

お二人の素敵な時間に、乾杯!
2010-08-21 土 02:36:02 | URL | トト(タロ) #/jB3MCgM [ 編集]
◇ okabe さん

> 「大丈夫!」と信じていますが、少しくよくよしていたので、、
> 元気をありがとうございます。
> 奥様の快方に向かわれている様子が伺え、嬉しく存じます。
> まだまだ暑い日が続きますので、皆さま体調に気をつけて下さい。

お母さま、妻と年齢も近く、比較的若いほうなので、お互いに希望を失わずにいましょう。
希望を捨てずに、でも今の状態も受け入れて・・・というのが、とりあえずわが家のスタンスになっています。


◇ はぐれ さん

> やがて科学が進むと昏睡状態の人と
> 会話ができる時代がくるかもしれませんね。

科学の進歩と同時に意識レベルの進化のほうが大切な気もします。
じっさい元気な頃だって、言葉はやりとりできても、どの程度まで気持ちが通じ合っていたかどうか・・・


◇ トト(タロ) さん

> 会話ってココロでするもんだなぁ…と
> 実感できるのは、貴重な体験ですね。

ほんとに。
今になってようやく、言葉の大切さ、そこに込められるココロの大切さを痛感させられています。
2010-08-23 月 22:52:29 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。