プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

「火の鳥」のように 【2010-09-04(土) 23:12】
今日は本当は病院に行く日だったのだけれど、友人とクラシックコンサートに行ってきた。

仕事関係で付き合いのあったオーケストラで、いつも招待チケットを送ってきてくれる。

妻が元気な頃は、いつも一緒に聴きに行っていたのに、倒れてからは、いつもチケットを無駄にしてしまっていた。

だけど今日は、大好きなストラヴィンスキー。(ちなみに、私のケータイの着信音は、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」)

どうしても行きたかった。
場所は、去年の秋ごろ妻と行ったコンサートホール。

「火の鳥」は、CDやiTunesで何度も聴いてきた組曲だけど、生で聴くのは初めてのこと。

素晴らしかった。音の広がりや、強弱のレンジがぜんぜん違って聞こえた。

やはり音楽は(とくにクラシックは)生で聴くことが大切だと思った。

ちょうど100年前に作られた曲だけど、子どもたちがいつも聴いているポップな曲よりも、はるかに斬新で新鮮で大胆でカッコイイ。
「そんなの比べるほうがどうかしてる」と、長男は言っていたけれど。

「鳥」をテーマにした曲として併せて演奏された現代日本人作曲家・吉松隆の「鳥・三部作」も良かった。
どちらかというと、ジャズやいにしえのプログレが好きなんだけど、クラシックも凄いなあと思った。

そういえば吉松隆さん、ネットで調べて初めて知ったけれど、プログレの巨人・ELPの「タルカス」をオーケストラ用に編曲してCDを出したりしている。

昨日、自曲の演奏の前にステージに登り指揮者と数分間トークをしていたけど、話の内容も面白かった。

またいつか妻と一緒に聴きに行きたい。
今日の「火の鳥」のように、きっと蘇ってくれると信じている。

明日、今日の感動を伝えに妻の所に行ってきます。

雑想 | 【2010-09-04(土) 23:12】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示