プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

おみやげ分配のルール1 (残酷物語?編) 【2010-10-05(火) 19:02】
我が家の子どもたちは男ばかり3人。

夫婦が仲良く、尊敬し合っていれば、それだけで育児教育の土台は、ほとんど出来上がったようなものと考えていたけれど、それでもいくつか、実験?のような育て方を、妻と一緒に面白がりながら実践していた。

その一つが、「おみやげ分配のルール」

自宅が会社なので、たいていの仕事は家でパソコンに向かって、ということが多いのだけれど、週に1回ぐらいは打ち合わせや取材などで外出することがあった。

いうまでもなく子どもたちは、帰りのおみやげを期待している。

賢明な父親なら、なるべくケンカにならないように、同じ物を3個か、3等分しやすい物を買うのだと思う。

ところが私は性格がひねくれているせいもあって、あえていつも違う物ばかりを買って帰った。

たとえば、ミルクプリンと、エクレアと、ロールケーキとか。
だいたい1個100円以内。
種類がバラバラなだけではなく、その数も2個とか、4個とか、とにかく、簡単には割り切れない数、分けられないような物同士の組み合わせにしていた。

当然、子どもたちの間では、誰がどれを取るかという争奪戦が始まる。

そのとき私は、「もしケンカをしたり、スネたりしたら、すべて没収になるからね」と、冷たく言い渡す。
さらにもう一言。「ジャンケンは禁止。話し合いで決めるように」と。

値段や、見た目や、大きさなどで品定めをしつつ、3つ巴の激しい議論がはじまるけれど、ケンカにならないように、スレスレのところで、譲歩したりクールダウンしたりと抑制がかかる。

ここでのポイントは、その交渉には親は一切口出しをしないということ。

とにかく、一旦「ケンカ」と判定されたら、目の前にある「幸せ」を、すべて失ってしまうから、子どもたちも慎重だ。

もちろん、その限界ラインをはみ出してしまうことも何度かあった。

たいていの場合、その火元は、まだ幼く感情のコントロールが難しい3男。

くすぶり始めたところで、なんとか止められればいいのだけど、まだまだ修行の足らない長男がエラそうに説教を始めると、かえって火に油を注ぐことになってしまう。

2男が止めに入っても、1と3の戦いはどんどん加熱して、決定的なケンカ状態に・・・。

そんなときは、私と妻ですべてを食べることになる。
ザンコクなことに、子どもたちの目の前で。
しかも、とてもおいしそうに。

「ああ、せっかくパパが買ってきてくれたのに」
「こんなにおいしいのに、なんでいらないの? お菓子を食べるより、ケンカのほうが楽しいの?」

と、皮肉たっぷりに。意地悪く。

子どもたちが「ちょっとだけ、ちょうだい」と言っても、

「でも、すべて没収という約束だから、パパもどうしようもないんだよ。約束は守らないとね」

「もともとパパは、君たちに食べさせたくて買ってきたのに、それがこんなことになったんだから、かわいそうなのは、パパのほうだと思わない? プレゼントを自分で食べてるんだから。しかもメタボに悪いし・・・」

「ああこんなことなら買ってこなければよかった。みんな仲が良い兄弟なのに、こんなおみやげを買ってきたばっかりにケンカになってしまって・・・。ゴメン」と言いながら、おいしそうに食べる。

(ここだけ読むと、なんてひどい親だろう、という感じです)

ただ、許しがないかというとそうでもなく、救いの道も残されている。

 ※書いてたら面白くてついつい長くなったので、この続きは次回に・・・。

子どもたち | 【2010-10-05(火) 19:02】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

続きの答えは、「引くことを知れ」でしょうか?結果に期待です。

ps:愛とか幸せとか個人の主観的な内容はちょっとと思いまして中々書き込み出来ませんでした。
2010-10-05 火 22:22:44 | URL | けい #50jynCW6 [ 編集]

あはようございます。

今日良く晴れた気持ちいい朝です。

大抵の家では 喧嘩しないようにって先に
予防線張ってしまいますよね^^;
ラッキーパパとママやっぱりすごいですw
子どもに考えさせる・・・うちもやってみよ
6年生と3年生できるかな(笑)
また結果報告しますね

続き楽しみにしています☆
2010-10-06 水 08:13:26 | URL | ゆう #- [ 編集]
けい さん、コメントありがとうございます。

> 続きの答えは、「引くことを知れ」でしょうか? 結果に期待です。

いえいえ、そんなに高尚なものではないんです。

もっと低俗な感じ・・・ヒントは「パパの弱いところからアプローチする」みたいな感じでしょうか。

> ps:愛とか幸せとか個人の主観的な内容はちょっとと思いまして中々書き込み出来ませんでした。

すいません。でも、妻が倒れる前から家族みんなで追いかけてきたテーマなので、これからもこんな話が多くなると思います。
2010-10-06 水 10:36:27 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]
ゆう さん、コメントありがとうございます。

> 大抵の家では 喧嘩しないようにって先に
> 予防線張ってしまいますよね^^;
> ラッキーパパとママやっぱりすごいですw

このやり方が良いかどうかは、???ですよ。 
ただ、ウチではこうやって来たということなので。

「確固たる教育方針にのっとって」なんていうのではなく、それがオモシロかったからという面が大きかったような気もするし。

育て方は、人それぞれでいいと思います。
2010-10-06 水 10:38:36 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]

パパの弱いところ?次のテスト頑張るとか、奥さんに泣きつくとか?

気になるから早く日記更新して!!(笑)
2010-10-06 水 21:54:30 | URL | けい #50jynCW6 [ 編集]
> パパの弱いところ?次のテスト頑張るとか、奥さんに泣きつくとか?

ある意味、2つともご明察であります。(さすが!)
詳しくは、本文を・・・
2010-10-06 水 23:03:50 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。