プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

母は強し(恐し?)! その2 【2010-10-29(金) 00:18】
独立して会社を立ち上げたばかりの頃。
夫婦2人、ファミレスで安い日替わりランチを食べながら打ち合わせ。
一応、2人で経営している会社なので、重役会議といったところか。

社長と裏社長の2者巨頭会談を終えて駐車場に向かうと、ちょうど隣の車の人がドアを開けて乗り込もうとしていた。
若い夫婦で、奥さんは乳児を胸に抱えていた。その奥さんがドアを開ける時、ウチの車にコツンとぶつかるのが見えた。
それでも、何事もなかったように車に乗って発進しようとしている。

数秒後に車にたどり着いた私は、ドアのあたりに、ほんのわずかなキズを確認した。
それはほんとによく見ないと分からないようなキズだったし、赤ちゃんを抱いているせいで少しバランスが崩れたんだろうと思い、まあいいかとエンジンをかけた。

ところが妻はいつの間にか相手の車の前に立ちはだかって、「人の車にぶつけておいて、そのまま行ってしまうんですか?」と、少し強い口調で詰問している。

「ぶつかったの、分かってますよね? こんなにかわいい赤ちゃんがいるのに、親としてそれでいいんですか?」と、見ず知らずの人にお説教モード。

――なにもこんな程度のキズでそこまで言わなくても・・・と思っていると、相手の奥さんが車から出てきて、

「申し訳ありません。ちょっと当たっただけだと思ったので、だいじょうぶだと思ってしまいました」と平謝り。

ダンナさんも出てきて、「私も気づいていながら、見過ごしてしまいました。ほんとにスイマセン。キズは弁償させていただきます」と、頭を下げた。

「弁償していただくようなキズではないです。そういうことじゃなくて、ただ一言、謝ってほしかっただけですから。もうだいじょうぶですよ。かわいい赤ちゃんですね」

「いや、しっかりと注意していただいて、かえって心が晴れました。どうしても気がすまないので、ご住所を教えていただけないでしょうか。塗装を簡単にカバーできるものもありますし」

ダンナさんがどうしてもと言うので、妻は、出来上がったばかりの会社の名刺を渡して別れた。

     *

「こんなに強い面があったんだね」――助手席の妻にそういうと、

「あの赤ちゃんをしっかり育てて欲しいと思ったら、ついつい言葉が出ちゃった。もし相手が恐い人だったらと思うと、ちょっとゾッとするけどね。でもパパがいるし」

「おいおい、カンベンしてよ・・・」

翌日、その夫婦は、菓子折りと、ウチの車の色の塗装修復ペンを持ってたずねてきた。

妻は、家にあったお菓子をかき集め、ちょっとこれじゃ足らないと思ったのか、実家から届いたばかりの米を袋に入れて無理やり相手に押し付け、「元気に大きくなってね」と赤ちゃんの頭を撫でた。

夫婦の時間/想い出 | 【2010-10-29(金) 00:18】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
母は強し!恐し!! おおいに結構 でも 優しい(*^-')b 理想です!私が小学校の頃は近所のおばちゃんが悪い遊びなどをしている子どもを見掛けたら 躊躇なく叱っていた、注意してくださっていました
今は 信頼関係が薄い世の中で なかなか そういうことが少なくなってきているように思います。数年前エチオピアの方とお話した時に 日本は何故玄関にいつも鍵をかけているんだろう?それじゃあ近所同志が気軽に出入りできないじゃないですか!とおっしゃっていました。エチオピアでも裕福な方だったので日本の生活にはとまどいはほとんどなかったらしいですが人間同志のコミュニケーションの希薄さを強く訴えていらっしゃいました。奥様のような方がご近所さんだったら 楽しいだろうな~素敵ですね!!!若いご夫婦も いい勉強をされましたね! 長くなってすみませんが…その1の記事の息子さんのことですが
空想をされて… 凄く凄く素晴らしい♪頭のいい方ですね!私の子ども達も 顧問からの暴力から傷付いて色々ありますが なりたい自分を楽しいことをイメージングしようと…自己暗示というか…いつも話しています。息子さんの場合は天性だと思いますがいじめてくる子ども達は妬みからそうなるんだと思います。妬まれる…羨望…素敵な息子さんですね!私は子どもに妬まれるってすごいやん!って話しています。うまくお伝えできません 誤解されるかわかりませんが 息子さんは精神年齢が高いし人間のレベルが高いのです。長々と乱文申し訳ありませんでしたm(__)m(^_^;)
2010-10-29 金 11:17:50 | URL | らな #- [ 編集]

こんにちは。

お返事有難うございます。
やっぱり ラッキーママはすごい人w
らなさんのコメントをみて私もご近所にこんな方
いらしたらなーなんて思いました。
[赤ちゃんをしっかり育ててほしいから]
本当にお人柄がわかります。
いつか。。。ラッキーパパとママの出会いを
詳しくブログにのせてほしいです☆

学校のことですが
色々と相談させてもらいましたが
となりの学校に転入は?と持ちかけられ 
子どもは 何も悪くないのに逃げたくない
とそれから三年経った今 長男は
強いものには巻かれろ と思うと言い出して
やりたくもない芸を言われたら笑顔でやり
あんた嫌じゃないの?
お母さんここでは自分のキャラ変えないと
やっていかれへんねん
後半年で学校も別れる大丈夫今は辛くない
と言いました。
結局見守ることしかできませんでしたが
穏やかな時間が流れるようになってほしいと
願っています。
有難うございました。
とても嬉しかったです。
2010-10-29 金 13:46:24 | URL | ゆう #- [ 編集]
◇らなさん

エチオピアのお話、私の子どもの頃(山形の田舎)も同じような感じでした。
玄関先に、ダイコンやニンジン、ジャガイモ等がいつの間にか置いてあるんです。
母は、「ああ、これは○○さんとこで採れたダイコン、こっちは□□さんとこのイモ」と言ってました。
なんで誰が置いていったのかまで分かるんだろうと、いつもフシギに思っていました。
さすがに、今は必ずカギをかけているようです。
豊かさとは何なのか、考えさせられますね。

2男は、実の親から見ても、とってもフシギで抱腹絶倒な子。
2男を見て妻は、「この子、やっぱりウチュウジンの子かもしれない」と言って、私の「古傷」をチクリチクリとつつきました。
そのうち、この子の特集記事を書こうかなあと思ってます。
別ブログを立ち上げたいくらい、ネタがいっぱいあります。

◇ゆうさん

長男さんの言葉、グッときました。
「つらくない」のは、きっと家族に愛されている実感があるから。
自分には味方がいる、帰る所がある、絶対安全基地がある、そう確信しているから、つらいけど、つらくないんです。もうそれだけでイジメっ子たちに勝ってます。素晴らしい!

らなさんのブログに、家族でイジメ(というより、教師によるDV)に立ち向かった記録がありますよ。(9月18日あたりの記事)
あ、らなさんのブログは左サイドメニューのリンクから行けます。
2010-10-29 金 17:58:07 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。