プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

母は強し(恐し?)! その3 【2010-10-30(土) 00:06】
「母は強し(恐し?)!1と2」を自分で読み返してみると、なんだか、よけいに妻が「立派な人」みたいな感じになってしまっているようで、ちょっと気が引けてます。
事実ではあるけれど、どうか「妻命」な夫が書いている「欲目」が絡んだ内容であるということで、少し割り引いてお読みください。
とりあえずここで、いかにも「ジコチュー?」な面のエピソードを1つ。

     *

夫婦+ラッキーで散歩をしていた時のこと。
いつもの遊歩道に、ネコが1匹たたずんでいた。

ラッキーは、いつもネコに興味津々。
たいてい自分より小さいので、恐がることなく近づいては、ウナられて後ずさりするというパターン。

この日も同じように、間合いを計りながらソロリソロリと…。
1メートルぐらいにまで近づくと、おとなしそうにしていたネコが急に背中を盛り上がらせて威嚇のウナリ声を上げた。

少しビビッて、後ずさりを始めるラッキー。

私にとってはいつもの光景。ところが・・・突然、妻が、ヴーッとウナリだした…。

ハア!? なにそれ!? と驚く私。

どうも妻はラッキーに加勢しようとしているらしい。

「冗談でしょ・・・」と言って、笑ってしまったけど、どうも妻はホンキでネコを脅しているようすだ。

「ネコ脅してどうすんの? ネコだって自分の場所を守ろうとしてるんだしさ」

私の忠告など、ぜんぜん耳に入らない感じで、ネコと対峙する母と子。

急に日が翳って、その間を冷たい風が通り過ぎた――(ような気がした)。

ああ、なんてフシギな光景。

ネコのほうも、なかなかひるまない。
全身の毛を逆立てて応戦しようとしている。

1分ぐらいにらみ合っただろうか。
いつまでも終わりそうにないので、もう行くよと、強制的にリードを引っ張り、その場を離れた。

「あれさあ、ズルイでしょ。ヒキョーでしょ。オトナゲないでしょ。2対1でさ!」

「だって、ヴーッてすごい声を出すんだもん」

(それって、あんたの声だろうが)・・・どうもわが子のことになると、妻はときどき見境がつかなくなるところがある。

「なにも、ネコを相手にホンキになることないでしょ・・・」

憮然とした表情の妻。

その横顔を見てると、この人、相手がライオンでも向かって行くんじゃないの・・・と思ったほど、コワかった。

(ネコ派の人、スイマセン。ちなみに私はネコも大好きです。というか、ヘビでもトカゲでもカメレオンでも、大好きです。というか、以前、それ飼ってたし・・・。ホントは妻もネコが好きなんですけどね。)

夫婦の時間/想い出 | 【2010-10-30(土) 00:06】 | Comments:(2)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

あはは!母は強しシリーズを拝読して
どれを読んでも、うちのカカにも共通するようなエピソードが
たくさんあるなぁ…なんて思ってました。
筋が通らない事は大嫌いだし、失礼・無礼な態度は許さないし
それにモダンの事になると、ある意味〝バカ母〟でした(笑)。

自分の〝心〟に自信がある人なんでしょうね、2人とも。
そんな、どこかどっしりとした〝肝の据わった感〟が
我々にとってなんとも魅力的で
そのくせ、少女のようにはじけたような笑顔を見せる〝屈託のなさ〟に
目が離せなくて、愛(恐)妻家を自認しているのでは(笑)?

心の底から愛せる人と、共に生きられる我々は
亭主冥利に尽きる…ってことで(笑)♪
2010-10-30 土 14:02:04 | URL | トト(タロ) #/jB3MCgM [ 編集]
いやあ、”バカ母”なところまで似てるんですねえ。

きっと、夫に対しても無条件に信じ過ぎてる(安心しきってる)とこも、そっくりでしょうね。
2010-10-30 土 14:25:02 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示