プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

日本中が悲しみに覆われた日 【2011-03-12(土) 22:56】
昨日、1ヶ月ぶりの日記をUPして、何人かの知人に長男の受験結果をお知らせするメールをお送りしたその直後に、大地震がおきたのだった。

日本全国が悲しみに覆われている。

被災された皆さん、どんな言葉も慰めにはならないかもしれないけれど、どうか希望を失わず、がんばってほしい。

日本人は、こんな状況でも、みんな助け合って、必ず復興できると信じたい。

グラッと来たとき、私は、たまたま家にいた2男と庭に出て揺れが引くのをまった。

大きな怪物が、地球を揺さぶっているかのような激しい振動だった。

それでも我が家(埼玉)は、皿が2~3枚割れた程度で済んだけれど、実家のほう(新潟と山形)が心配だった。

そして何よりも不安だったのが、宮城にいる従兄弟のこと。

新潟と山形は、夜になってようやく電話が通じて安否を確認できたけれど、宮城のほうはまだ音信不通のまま。

テレビは、時間が経つにつれて拡大、深刻化する被害状況を映し出す。

自分の家が流されて行くのを呆然と見送る人。

崩壊した家を前に、家族の名を呼びながら泣き崩れる人。

家も故郷も思い出も、何もかも真っ黒な水が飲み込んでいく。

キレイに咲いた庭の鉢植えも、洗ったばかりのシャツも、夕食のための食材も、思い出がいっぱい詰まったアルバムも、流れてしまった…。

昨日の昼までは、ほとんどの人にとって普通の日常だったのに、あっという間に、世界が大きく変動してしまった。

それは去年の1月、妻が突然倒れたときに私自身が感じたことだった。
(もちろん、ほんの個人的なことではあったけれど…。その時の心境は、2010年5月25日の日記に書いている)

     *

今日は、病院に行って地震の被害がないかどうか確かめてきた。

とくに問題はなかったようで、ひと安心。

いま日本が置かれている大変な状況について、外を散歩をしながら語り合った。

ただの偶然か、あるいは花粉症のせいか、それとも何か感じたのか、妻は左の目から涙を流した。

私も泣いた。

     *

明日は、長男の後期試験。

2時間遅れだけど、予定通り実施される。

「去年も今年も、どうしていつもこうなんだろう」と長男は言った。

彼にとって最初の大学受験本番であったセンター試験の前日に、母親が倒れたのだった。

そして生死をかけた大手術の真っ最中に、長男は試験会場に向かった。

今年。長男は、日本中が不安と悲しみに沈むなか、彼にとって最後の大学受験に向かう。

「なんだか、受験がものすごく小さなことに感じるんだよね」と長男。

「そうか…。たしかに去年も今年も、ものすごいことが起こっている真っ最中だね」

「大学に合格することが、こんな大変な状況に立ち向かうのに何の意味があるのか、いくら考えても分からないけれど、それでも、一生懸命がんばってくるよ」

雑想 | 【2011-03-12(土) 22:56】 | Comments:(7)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
お怪我もなく何よりです。
私は地震当日母の病院にいました。
帰宅できず、病院のリハビリ室に泊めてもらうことになり寝ていたところ、深夜父が迎えに来ました。
ご長男さん、よく頑張りましたね。
試練の連続、お母さんのこと、そしてパパさんの入院。ほんとうは心細かったでしょう。
私も母の病気、父の短期入院、正直、参りました。
きっと桜は満開ですよ!
2011-03-12 土 23:45:56 | URL | 風 #- [ 編集]

ご無事で良かったです!奥様もラッキーパパさんがご無事で嬉しかったのでしょうね。素敵なご長男さんが全力を出しきり合格されるよう 微力ですがお祈りしています。関西に住む私達には祈ることしかできませんが 正しい情報がどれか判断して 出来ることをしていきたいと思っています。従兄弟さんと連絡がとれますように。
2011-03-12 土 23:50:43 | URL | らな #- [ 編集]

長男くん、合格を祈っていますよ。
どうぞ、たくさん頑張ってくださいね!
2011-03-13 日 03:31:47 | URL | うさ #xhD1mNs6 [ 編集]
ラッキーパパさん
山形のご家族がご無事でなによりでした。
宮城のご兄弟、心配ですね。
関東から東日本がこれほどの被災となるとは想像もつきませんでした。
日本人のもつ自然に寄り添いながら生きる道は、
こうした状況でも変わることなく、
大きな災害に遭いながらも立ち上がっていくと信じています。

長男さんの「大学に合格することが、こんな大変な状況に立ち向かうのに何の意味があるのか、いくら考えても分からないけれど、それでも、一生懸命がんばってくるよ」という言葉は
心の深いところにある「いのち」への思いが感じられ、心うたれます。
ただ感謝して目を上げて立ち向かうことは、若き人の未来のため、次代へとつなぐ大切な通過儀礼なのかもしれません。
何ができるのかを問い続けることには大切な意味があるのではないかと思います。
2011-03-13 日 13:29:30 | URL | もっちゃん #- [ 編集]
みなさん、激励ありがとうございました。
でも、本当に励ましたいのは、被災地の人たち。

仙台の従兄弟とは、今朝、やっと携帯が通じました。
家の中はめちゃくちゃだけど、おかげさまでみんな無事だったということでした。

それ以降は、何度掛けてもまたつながらなくなってしまいました。
きっと、たくさんの人が安否確認の電話をしているんだと思います。
私も必要最小限にしようと思いました。

本当に大変な状況だけど、下記サイトを見て、少しだけ元気が出ました。
http://koko-hen.jp/archives/2733677.html

いま長男は受験の真っ最中です。
2011-03-13 日 16:49:15 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

長男君の合格お祈りしています。

みなさんご無事でよかったです。

本当に被災地の方々普通にあったものが
仕事の生活もそして家族もどんなに
不安で辛い日々を送られているだろう。。。
胸が張り裂けそうになります。

2011-03-14 月 17:24:09 | URL | ゆう #- [ 編集]
いろいろタイヘンな状況ですね。
でも、被災地の皆さんがけなげに生きている姿に、心が打たれます。
2011-03-16 水 20:36:47 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示