プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

幸せを感じる力 【2011-09-02(金) 11:20】
9月。夏休みも終わり、2男と3男は昨日から学校。

2人とも受験生なので、ほとんど遊ぶことなく、ひたすら勉強と家の手伝いの日々だった。

「勉強するヒマがあったら家事をやって」と、受験生に対しても要求するような家なので、なにかとタイヘンだと思う。

だけどそれは今に始まったことではなく、妻がいる頃からそうだった。

「勉強したから偉い」というより、「勉強するのは当たり前」「勉強させてもらえるのはありがたいこと」というスタンスを、夫婦で示してきた。

「君たちが学校行くためには、親だけじゃなく、国も地方自治体もお金を出してる。こういう教育システムがあるのも、前の世代の人たちが一生懸命に働いたおかげ」

「中学までは義務教育だから親の責任として出してやるけど、高校からは本当に勉強したい人だけが行けばいい。中卒で生きていく勇気があるんだったら、それでもいいし。自分で決めろ。どうしても高校とか大学に行きたいというんなら、応援はする」

――そんなことを繰り返し言ってきた。

一応、こうしたらああなる(可能性が高い)というようなことを教えて、あとは自分で選ばせてきた。

もし子どもたちが「勉強しない道」を選んだとしても、それを受け入れる覚悟が必要だった。
もちろんホンネはたくさん勉強してほしいんだけれど・・・

     *

大学生の長男は、まだ夏休み中。

今朝早く、台風の空模様を心配しながら友達と1泊旅行に出かけた。

IT関係に詳しいので、大学のイベントでホームページを作ったりする仕事を担当していて、夏休みの間も、仕事と称していつも東京方面に出かけていた。

その長男が、昨夜ふと、「なんだか幸せだよね」と言った。

「こんな状態で、なんで幸せを感じるのかヘンだけど・・・」と。

長男は、ときどきこんな感じのことを言う。

「ちゃんと親がいて、お金もいっぱいあって、それでも家族がバラバラで、早くこんな家出て行きたいって思ってる人もいるのに」

「そうだね。貧しくて、いろいろつらいことがあっても、それでも幸せを感じられる人もいる。それって、ひとつの才能だと思うよ。幸せを感じる力」

「その才能、大切だよね。なんでオレにはその能力があるんだろ」

「そりゃ、親の育て方のタマモノ・・・っていうか、まあ貧しくても幸せを感じられるように、先手を打っといたから。でも、逆に、人に幸せを感じさせられる能力も身に付けてほしいもんだ」

「はいはい」

今ごろ、強風の中、高速道路を運転してるころだろうか。


子どもたち | 【2011-09-02(金) 11:20】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-03 土 20:42:10 | | # [ 編集]
夏○さん、コメントありがとうございました。

鼻腔からの管が取れたのは、とってもいいことだと思います。

私自身、去年、胆石の手術をしたとき、鼻から管を入れて、そのつらさを実感していたので。

お母様、いろいろあってもきっと平安な時間を過ごしておられることと思います。

お互い、ゆっくりがんばりましょうね。
2011-09-04 日 11:40:20 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]

ラッキーパパさん
ありがとうございます

鼻腔の栄養はストップですが、
管はそのまま・・・

時々熱が出るのはやはりリスクが
あるからなのでしょうね。

平穏な時間と信じています。
本当に、お互いゆっくり
がんばりましょう(^-^)
2011-09-07 水 01:15:22 | URL | 夏海 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示