プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

引越し前後のアレコレ その1 【2012-04-07(土) 18:54】
引越し、なんとか無事に終わりました。

ダンボールも片付き、少し落ち着いてきたので、またブログを再開します。

     *

新居は、家賃が2万円も高くなるのにも関わらず、少し狭くなってしまうため、できるだけ物を捨てて行こうということで、みんなで「断捨離」を実行。

いざ始めてみると、いちばん困ったのは妻の衣類や靴、バッグなど。

初めて会った時に着ていたコートや、いつも部屋着にしていたジーンズ、お出かけ用のオシャレ着、パジャマ、下着類、ハンカチ・・・みんな丁寧に折りたたまれてタンスや衣類ケースにしまってある。

とにかく物を大切にする人だったから、もう使わないだろうという物まで、いろいろ残っている。

衣類や靴を捨てるときは、「長い間ありがとさん」と声をかけるような人。

「これ、どうしようかなあ…」というような物は捨てるのが断捨離の基本だけど、「これ、捨てたら悲しむだろうなあ・・・」と、妻の顔が思い浮かんで、なかなか決断できない。

悩んでいるうちに、どんどん時間が過ぎて行ってしまう。

衣類や靴は妻の物がいちばん多いから、それをなんとかしないことには、あまり身軽になることはできない。

でも、もし妻が怒ったり悲しんだりするとしたら、それは意識が戻ったときのことだから、むしろ大喜びすべきことじゃないか・・・そう考えると、心が軽くなって、思い切って断捨離を決行することができた。

いつか目を覚ました妻に、「どうしてあれを捨てたのよ!」と、思いっ切り怒られてみたい。

まあ、どうしても深い思い出とつながっている物は捨て切れずに少しだけ(いや、どっさりと)残してしまったけれど。

     *

引越しの前日は、女性スタッフが3人来て、家中のありとあらゆる物を梱包。

予想したよりずっと若いオネエサンたちだったので、2男3男は、恥ずかしがってひたすら隠れていた。

数年間過ごしたいろんな思い出が、何もかもダンボールの立方体の中に詰め込まれていく。

妻のお気に入りのコーヒーカップも、キッチンにずっとかけたままになっていた妻のエプロンも、コルクボードに貼ったままの妻が書いたメモも。

ラッキーは、家の中の突然の変化に少し戸惑い気味だったけれど、幸い天気が良かったのでずっと庭で遊ばせることができたせいか、思いのほか落ち着いていてくれた。

いざとなればペットホテルに預けることも考えたけれど、なんとか大丈夫そう。

さてさて、引越し当日のドタバタは、また次回に。


雑想 | 【2012-04-07(土) 18:54】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示