プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

なんだかんだとやれやれな日々 その1 【2012-10-29(月) 22:42】
昨日の日曜日、病院に行く予定だったけれど、なんだかんだといろいろあって、タイミングを逃してしまった。

なんだかんだの1つ。

3男(高1)は、夏休み明けからの体調不良が未だに尾を引いている。

家にいる間は普通に元気なのに、学校に行こうとすると、急に頭痛や腹痛に襲われる。

なんとか家を出られた時も、電車内で吐き気に耐えられず途中下車→帰宅、ということの繰り返し。

最初は髄膜炎と診断され、1週間後には、髄膜炎の薬の副作用による胃炎のようなものになり、2週間経っても回復しないので、もしや鬱病?という疑いも。

とにかく、普段は元気なのが、登校プロセスに入った途端に強烈な頭痛+吐気→家に帰ったら元気にラッキーを追い回す、というパターン。

さては最近流行りの新型鬱病というやつか・・・。

2か月近くまともに登校できていないので、普通に考えたらかなり深刻なんだろうけれど、家にいる時の彼は、あまりにいつも通りなもんだから、長男も2男もそして私も、どうしても真剣に心配することができず、そのうちなんとかなるだろうと、何の根拠もなく楽天的に見守っている。

とりあえず心療内科には行ってみた。

鬱廟とまではいかないけれど、将来への不安や、母親不在の寂しさ等のストレスから、不登校気味になっているとの診断結果。

考えてみれば、母親が倒れたのは13歳のとき。まだまだ甘えたい年頃だったんだろう。

それなのに、私自身、自分を保つのが精いっぱいで、あまりフォローできなかった。(というより、かえって子供たちに支えてもらっていた)

見た目は、明るく、元気でも、その内面では、いろんな流れが渦巻いているんだなって、人間のココロのフシギを実感しております。

とりあえず、今日は最初から最後まで、学校に行けたので一安心。

ま、食欲は旺盛だし、学校には行きたい(行かなければ!)という意志はあるので、そろそろ大丈夫でしょう。

本人も、「もうだいじょうぶだから、明日は弁当作ってね」と言ってる。

     *

さてさて、なんだかんだの2つ目。

2男のことは、また次回。しかし、この子にはほんとに驚かされる・・・

子どもたち | 【2012-10-29(月) 22:42】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-30 火 15:51:11 | | # [ 編集]
同じような境遇なので、同じような経験や感情を共有してるんですね。
2012-10-31 水 00:09:41 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-11-27 火 21:09:14 | | # [ 編集]
3男、家の中ではとっても元気です。
でも、フシギと同じ時期に同じようなことが起こるもんですね。
3男の友達も、全く同じ日に電車で倒れてしまったみたいです。
2012-12-01 土 22:00:31 | URL | ラッキーパパ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示