プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

ELPなこのごろ 【2012-12-01(土) 23:36】
大河ドラマ「平清盛」も、そろそろ終局に近づいてきた。

史上最低の視聴率だとか・・・。

TVドラマはあまり見ないほうだけど、それでも夫婦揃って歴史が好きだったので、大河ドラマは録画したものをよく一緒に見ていた。

歴史好きからすると、毎回どうも演出過剰でリアリティが無さ過ぎなところがちょっと(いやかなり)不満。

そういえば、前々回の「龍馬伝」のときは、録画しておいた初回放送分をそろそろ見ようかと思った矢先に、妻は倒れたのだった。あんなに楽しみにしていたのに。

ところで、「平清盛」の初回を見たときに、あれ!?と思ったのが、主に闘いのシーンで使われていたBGM。

なんとタルカス(Tarkus)のオーケストラバージョンだった。

タルカスは、イギリスのプログレッシブロックバンド・ELPの初期の頃の作品。

高校の頃から聴き始めて、未だに毎日のように聴いている。(ちなみにYESとかも大好きです)

ただ、曲をよく知っているからなのか、もともとのイメージが強過ぎて、どうも「平清盛」の映像にはあまり合っていないような気がしてならない。

(今日は、こんな「知る人ぞ知る」みたいな、昔話が続きます。スイマセン)

話は変って、最近「悪の教典」という言葉、よく見かける。

最初見たときは、「あ、またELPだ! 最近、リバイバルでもしてるんだろうか」と思ったけれど、どうも映画のタイトルらしい。

ちなみに「悪の教典#9」は、「恐怖の頭脳改革(BRAIN SALAD SURGERY)」というアルバムの中の作品。

いま、このブログを書くために調べたら、このELPの曲と映画は、それなりに関係があるらしい。

ただ、こういう残虐なものや、小さな子どもや動物が苦しむような展開は、妻はとにかくダイキライだったので、私もあまり見ることはなかったし、この映画も恐らく見ないだろうと思う。(音楽がどんな感じで使われるか、ちょっと関心はあるけれど・・・)

さて、この「タルカス」、日本の小学生のような女の子がエレクトーンで演奏している動画があった。



変拍子と早弾きが続くかなり難しい曲なのに、スゴイ!

↓悪の教典#9 Part2(一番難しいジャズ風のパート)もあった。



ああ、仕事をさぼって、何時間もこんな感じの動画を見てしまった。

もちろん本家ELPの演奏はスゴイんだけれど、日本の若い子がここまでやっしまうのには、ほんとに驚いた。

というわけで、あまりのテクニックのすごさに、思わず笑ってしまったのが、↓コチラ。



若い頃、ミュージシャンを志したこともあったけれど、こんなのを見せられたら、方向転換して良かったと、つくづく思う。

そういえば、妻が大好きだった歌姫サラ・ブライトマンが宇宙に行くとか・・・

すごい時代です。

雑想 | 【2012-12-01(土) 23:36】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示