プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

冬の京都 詰め込み過ぎの一人旅・・・ 【2013-01-08(火) 23:23】
今日は丸1日、京都散策。

冬は寺系の閉館時間が早いため、ホテルを朝8時と早めに出発。

朝ご飯はどっかで食べよう。

まずは、定番中の定番、清水寺。

20130108a_20130114175947.jpg

朝早かったのと、正月シーズンが終わっていることもあって、人もまばらで、とても見やすかった。

「清水の舞台から飛び降りる」という言葉があるように、高校生の頃に見た記憶では、とても高い所にある舞台という印象があったけれど、いまこうして見てみると、あれ、こんなもんだったっけと感じた。

20130108b_20130114175954.jpg

高層ビルとかスカイツリーとか、どんどん高層建築が増えてきたせいなのか、それとも自分が年をとったせいなのか。

そういえば、子供の昔、新宿の高層ビル郡を見たときは、そのあまりの高さに目がくらむほどで、首が痛くなるほどずっと見上げていたけれど、今は、より高くなり、より数が増えているのにもかかわらず、何の感慨もなく通り過ぎていくようになってしまった。

清水寺を後にして、バスで三十三間堂に移動。

20130108e.jpg

整然と並んだ千手観音と、それを守る守護神たちに圧倒された。

端から端まで、国宝だらけの凄まじく贅沢な空間だけど、残念ながら、室内は全面撮影禁止。

次は電車で南禅寺。
↓ 駅から南禅寺に向かう途中のトンネル。
20130108x.jpg

↓ 南禅寺の三門 重要文化財。
20130108c_20130114175955.jpg

ほんとは紅葉の名所だけど、いかにも禅寺という感じの神秘的で意味ありげな空間が興味深かった。

20130108d_20130114175955.jpg

同じ寺でも、宗派の違いによって、印象がかなり違う。

千の手と目をもって救ってくれる慈悲深い仏像が中心の三十三間堂とは反対に、禅は、自力中心で悟りに至ることを目指すため、仏像にあまり重きをおかない傾向がある。

そのかわり空間の使い方が、独特だ。

20130108f_20130114175956.jpg

龍安寺の石庭と同じように、渦巻く砂の中に、不思議なバランスで配置された石。

何があるかではなく、何もないことのほうに意味を感じさせようとしているような空間。

風景は何も語らず、ただそこにあるだけなので、自力で、その意味を見い出さなければならない。

メッセージがどんどんやってくる千手観音とは、まさに真逆のアプローチ。

他力と自力、その両方に広がる仏教の奥行きを感じた。

20130108c.jpg

南禅寺のすぐ近くから続く「哲学の道」。

西田幾多郎やその弟子たちが、あれこれ思索しながら歩いたという小径。
端から端まで2キロ以上ある道程をすべて歩いた。

20130108m.jpg

哲学の道のゴール近くに見えてくる銀閣寺。

20130108l.jpg

建物はもちろんだけど、その周りの庭園も素晴らしい。

20130108k.jpg

20130108j.jpg

20130108i.jpg

銀閣寺からは、バスで京都を横断して金閣寺へ。

20130108h.jpg

とにかく、美しいの一言だけど、あんまり綺麗過ぎて模型のよう。

やはり、焼けた後に建てた新しい金閣寺であるという先入観があるためか、どうしても歴史の重さがなさそうに感じられてしまう。

ただ、それでも、そんなことを凌駕するだけの圧倒的な美しさがある。

周辺の池や、日本列島を模した小島の配置なども、とっても味わい深い。

↓不思議な形(おそらく鶴?)の鳥が一羽。
20130108g.jpg
直立不動で全く動かないので、置物かとばかり思っていたら、突然、飛び立った。ホンモノだった。

     *

日本人の感性は、遥かな昔から、ほんとにすごいものがあったと感じた1日。

気がつけば、何も食べずに夕方まで歩き尽くめだった。

今回は、いわゆる観光名所ばかりを巡る旅だったけれど、それでも時間と空間を行ったり来たり、冬の京都をじっくりと味わうことができた。

雑想 | 【2013-01-08(火) 23:23】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
京都旅行 楽しんでおられますか?
奥さまが一緒なら…と思う気持ちは痛いほどわかりますが、
今回は ひとり旅を楽しんできてくださいね。
2013-01-10 木 16:58:50 | URL | もも #- [ 編集]

こんにちは。
随分回りましたね。以前関西勤務していた関係でよく京都は出かけました。今にして思えばもう少し観光もしておけば良かったと反省しています。
2013-01-11 金 12:10:19 | URL | 永井春 #- [ 編集]

旅行満喫しましたか(^-^*)?私は金閣寺など学生の修学旅行で見たくらいで、こうやってラッキーパパさんの写真を見ていると、大人になってからの旅行ではまた何か違った見方ができ、楽しそうですねヽ(^。^)丿私も都合を付けて行ってみようかな(●´ω`●)
2013-01-13 日 08:21:03 | URL | ラビット #- [ 編集]
みなさん、コメントありがとうございました。

冬の京都、とっても良かったです。

ラビットさんと同じで、しっかりと京都を観たのは修学旅行以来のこと。

歴史や文化の重み、深さを、よく知らないままだったあの頃と比べると、やっぱり感じ方はぜんぜん違いました。

思いがけず訪れた京都との出合い…とても貴重な経験でした。
2013-01-13 日 20:24:10 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示