プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

夫婦円満?のペア時計 【2013-05-18(土) 23:58】
梅雨を通り越して、もうすっかり初夏という感じの1日。

午後の散歩にはちょうどいい感じの気温。

車イスに乗せて外に出ると、両目を開いてくれた。

いつもの「工場通り?」は、土曜日で車もほとんど通らず、お気に入りの散歩コース。

300m位の道を、何度も往復しながら、いろんな話をした。

食事の時間が近づいてきたので、そろそろ帰ろうかと言ったら、まだ目を開いたまま、も少し外の景色を見ていたそうだったので、病院敷地内のミニ公園で一休み。

2013-0518c.jpg

     *

Y(2男)は、大学、楽しそうに行ってる。

東京の電車の路線も、結構覚えたみたい。

20歳の誕生日にプレゼントしたG-Shock(腕時計)、とても気に入っているようだ。

そういえば、私もあなたから腕時計、もらったことがあったよね。

     *

2013-0518b.jpg

たしか一緒になって3ヵ月ぐらいの頃のことだった――

別に誕生日でも、特別な日でもなかったけど、仕事から帰ると、妻はニコニコ顔で、かなり豪華(派手?)な感じの箱を手に、「開けてみて」と言った。

箱の中には、金ピカ絢爛豪華?な腕時計が大小2つ。

「家に売りに来たんだけど、いまキャンペーン中とかで、6万円のペア時計が1個分の値段だったの」

「へえ」・・・なんだか、悪い予感がした。「ずいぶん、賑やかな時計だね」

「ニギヤカってなによ。夫婦円満の宝石が埋め込んであるんだって」

本体にも金属製のベルトにも、小さなキラキラがたくさん散りばめてあった。

「そりゃ、すごいね・・・」

――そういって、あちこちいじっていたら、文字盤のガラス蓋がパカッとはずれた・・・

「あ」妻の顔が、凍りついた。

「あれ、これ、外せるようになってるんだ・・・」と、思わず言ってしまったけど、なんのフォローにもなっていない。

「ゴメン・・・。ちゃんとスーツ着てたし、マジメそうな人だったから・・・」妻は、恥ずかしさや、悔しさで、少し涙目。

こんな感じで、妻は何度かフシギなものを買ったことがある。

マイナスイオンが出るとかいうマットもその一つ。60万円もしたらしい。

毎晩その上に寝かされて、「どう?」とか聞かれたけど、何も感じない。

1ヵ月後には、電源を入れずに、普通のマットレスになった。

でも、とくに病気もせずにハードな仕事を続けられたのは、きっと何らかの効果があったのかも、です。

それにしても、あの時計はどこ行ったんだろ。

不思議なことにあれ以来、一度も目にしたことがない。

捨ててしまったんだろか・・・

でも、ずっと夫婦円満だったから、あれもやっぱりご利益があったのかも、です。

2013-0518a.jpg

夫婦の時間/想い出 | 【2013-05-18(土) 23:58】 | Comments:(5)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

おはようございます。
確かにこういう出来事は我が家でもたくさんあります。家内もよくいろいろなものを購入して無駄にしております。
それも今は楽しい思い出です。
2013-05-19 日 08:16:13 | URL | 永井春 #- [ 編集]

おはようございます(*^_^*)奥様の一部始終の様子が目に浮かびます(#^_^#)

私の実家でもプッシュフォンの電話の押し売りに騙されかけ、母は苦い経験をしたのか10数年経った今でも、実家では黒電話が活躍中です(笑)
2013-05-19 日 08:54:57 | URL | ラビット #- [ 編集]
◇永井さん
ほんとに、そのときは困ったことでも、なんでもかんでも、ぜんぶ思い出になってます。


◇ラビットさん
黒電話、すごいです。懐かしい。
数万もするスマホやケータイを2年で買いかえる時代、なんかヘンですよね。
2013-05-20 月 15:38:33 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
ありがとうございます。
唐突ですが、この言葉をまずお伝えしたくて。
母が同じ疾患です。状態から自宅療養のみの選択で二年以上が経ちました。
私は、なぜ心優しい母が、なぜ働くのが好きな父が母の看護の日々をと、生活が一変したことを、自分だけがつらいかのような身勝手な気持ちの波に負けそうになることが多くあります。
そのたび、パパさんのページを拝読し、穏やかな心にしていただいています。
私どもの地域には、母の状態でリハビリ等の受け入れ可能な病院はありませんが、いつか、向日葵ママさんのように爽やかに、クルマイスで外をお散歩できる日がきたらいいなあと、気持ちを新たにさせていただきました。
いつも本当にありがとうございます。
2013-05-22 水 02:20:26 | URL | まい #ojN4tPVw [ 編集]
「なぜ?」「どうして?」――私も何度も思いました。
でも、悔やんでも何も変わらないので、とりあえず今の現状を受け入れようと思ってます。
でも、そうなるまで、1年ぐらいかかりましたけどね。

妻の看護を病院まかせにしている身としては、自宅で奥さまの看護を続けておられるお父さまに、頭が下がる思いです。
2013-05-22 水 16:12:38 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示