プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

4年目のちょうど今頃 【2014-01-15(水) 12:45】
4年前の、ちょうど今頃――。

妻は、パソコンに向かって仕事をする私に「お風呂を掃除するから、電話が来たら出てね」と言って、浴室に向かった。

妻は、カビ撃退のために毎日のようにお風呂全体を掃除する人だった。

「そんなに毎日、やらなくても…」と言う私に、「ほっとくと取れなくなるのよ」と苦笑していた。

何もかも、いつも通りだった。

翌日はいよいよ長男のセンター試験本番。

1年間、受験勉強を支えてきた妻も、それなりに気合が入っていた。

冷蔵庫には、生クリームやスポンジなど、ケーキを作る材料。

一昨日はその長男の、そして昨日は3男の誕生日だった。

誕生パーティは、長男の試験が終わったら開く予定だった。

お風呂掃除が終わったら、2人で遅いランチを食べることになるだろう。

朝の残りの煮物か、それとも温かいうどんか…。

それまでに、仕事も一区切りつけておこう。

足元にはラッキーが寝そべっている。

100205a.jpg

昨日までと何も変わらない日常の1コマ。

100205b.jpg

妻がいれてくれたコーヒーを飲みながら、ぼんやりと庭を眺めていた――。

10分ぐらいだろうか。それとも30分も経っただったろうか。

「パパ…」という、いつになく弱々しい声が小さく聞こえた。

晴れてはいたけれど、風が冷たかった。

塩素系の洗剤を使うため、お風呂の窓は全開にしてあった。

真夏の向日葵のように明るく、よくしゃべる妻が、何も語らなくなって4年。

あれからもう4年も経ったなんて…。

ときどき、その時の長さを思って、どきっとする。

この日は、どうしてもどうしても感傷的になってしまう。

夫婦の時間/想い出 | 【2014-01-15(水) 12:45】 | Comments:(11)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

奥さま、少しずつ少しずつ快復に向かってますように…。
今日も寒い一日でしたね…。
2014-01-15 水 20:36:12 | URL | tomoko #- [ 編集]
今日からまた新しい1年の始まりという感じです。
2014-01-16 木 00:08:56 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

こんばんは。
区切りの日というのはいろいろとおもいだしますね。
お気持ち本当によくわかります。
2014-01-18 土 21:35:08 | URL | 永井春 #- [ 編集]
もう4年か…という思いと、まだ4年か…という思いと、両方ある感じですね。
2014-01-19 日 00:50:17 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

度々コメントすみません
ちょっと思い出したことがあって、
少しでもお役に立てたらと思い、
書き込みさせていただきました

知り合いの話で、目が見えなかったのですが、
親族がお墓参りに毎日行き、お墓を綺麗にして、お願いしたところ、
回復したらしいです
回復の過程については知らないのですが、病気や怪我ってご先祖様や前世からの繋がりみたいなものも
あることがあるそうです

私も、この日記を偶然みかけ、
ラッキーパパさんの前向きな生き方や苦境の中で感謝するお姿に心を打たれました
私にできることは少ないし、もしかしたらないかもしれないけど、
小さな知識でももし、奇跡に繋がるなら教えたいです

世の中には、奇跡がたくさんあります
出来れば、ラッキーパパさん家族にもその奇跡が舞い降りて欲しいです
2014-01-28 火 16:59:12 | URL | みなみ #- [ 編集]
アドバイス、ありがとうございます。
妻は、とても信心深い人だったけれど、私はそういうのはあまり真面目ではなかったですね。
でも、先祖(親)を大切にするのは、とても大切なことだと思います。
2014-01-28 火 17:09:49 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

いえいえ、こちらこそありがとうございます
なんか、信仰的な内容ですみませんでした
http://no-kosoku.net/column/05.html
これ、偶然見つけた記事です

順天堂大学でされている治療法らしいです
もしよかったら、参考にしてください

度々すみませんでした
役に立たなかったらごめんなさい

本当に快方願ってます
2014-01-28 火 18:07:37 | URL | みなみ #n1294T52 [ 編集]

こんにちは
はじめまして、ぐふと申します。
妻がほとんどおなじ疾病で
療養しておりました。
先日療養の甲斐なく突然旅立ちました。
感染症が急に進行急変し
体力がかなわなかったようです。
油断していました。
ほんとにおろかな夫です。

1年以上に前に倒れた直後から
ネットを検索してここをみつけて
励みにしておりました。
お礼を申し上げるのが
遅くなり申し訳ありません。

奥様の回復を私は
信じております。

再生医療でのiPS細胞や
最近大きくニュースになった「万能細胞」は
臨床に時間はかかるにせよ
期待できると思います。

感染症にはくれぐれも
気をつけてください。

では失礼します。


2014-02-04 火 16:47:37 | URL | ぐふ #- [ 編集]
奥様のこと、お悔やみ申し上げます。

感染症、気管切開をしてからはリスクが低くなってきましたが、それでも普通の人の抵抗力ではないので、注意が必要ですね。

自分がいま妻にしてやれることはなんだろうと思う日々です。
2014-02-04 火 16:53:41 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

こんばんは、ラッキーパパさん。
初めまして。milliと申します。同じくらいの年齢です。
夫が1月初めに脳出血で倒れました。
120mlの大出血。
元気なときから動けない状態が続くとわかったら延命しないで欲しいと言われていました。
脳外科で頭部のCTを見せられ、一番良くてもあのおしゃべりだった夫がもう口がきけない、どんなに頑張っても右半身完全麻痺、最悪は死亡、それを逃れても植物状態と説明を受けました。
延命だけのために手術をしましょうと主治医は言いました。
その時点で何もしないでいいと言えばよかったのかもしれません。
でも子供達のセンター試験を2週間後に控え,私はその決断ができませんでした。
どんな状態でも生きてくれるという事が子供達の支えになると考えてしまったからです。
今,奥様の発症時と同じように感染症と戦い、気管切開を主治医に勧められています。
夫は気管切開は拒否していました。
ですから気管切開をすればしばらくは温かい夫の体に触れ続けられるとわかっているけれど、私は気管切開を拒否しなくてはなりません。
本当につらいです。

ラッキーパパさんの宇宙人の話,私の夫もアンドロメダから来たんだ、いつかはそこに帰るんだと言っていました。
私はいつもゲラゲラ笑って,じゃあ私は宇宙人の妻なんだねと言っていました。
私達も何でも話し合える夫婦でした。
いてくれるだけでよかった人がそばに居ない、そんな日が来る事は覚悟していたはずですが現実になると自分の身体が半分以上なくなっているように感じます。

植物状態の夫。
とても穏やかに毎日眠っています。
何を考えているのか。
何をして欲しいのか。
うなり声すらあげない夫の気持ちを考えながら毎日を過ごしています。

奥様の回復をお祈りしています。

2014-02-04 火 19:53:23 | URL | milli #- [ 編集]
ご主人のこと、大変でしたね。
気管切開のこと、私も悩みました。
結果的に感染症のリスクが低下したので、施術して良かったと思っています。

ただ「生きる」ということに対する考え方や価値観は人それぞれだし、ご本人の意志も尊重されなければならないし、難しい問題ですね。

私たち夫婦も、お互い万一のことがあったら、延命措置はしないように語り合ったことがありました。

妻がいま何を考え、何を感じているのか、なんともいえないけれど、苦しがる様子でもなく、ただスヤスヤと眠っている姿を見ていると、生きていてくれるだけでもありがたい、という思いはあります。

ご主人の意思や、お子さんたちのことなど、悩み考えることがたくさんあるかもしれませんが、気をしっかりもってがんばってください。
――なんて、妻が倒れた直後は、私こそさんざん落ち込んでいたので、ひとに言えた義理ではないですけどね。
2014-02-05 水 17:26:26 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示