プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

ラッキーと散歩しながら話したこと 【2010-02-19(金) 20:50】
妻が倒れてから36日、意識不明になって35日目。

今日も妻は、ぐっすり眠ったまま。
苦しみや痛みを感じないのであれば、本人にとっては、それはそれできっと良いことなんだと思いたい。

朝、自宅で勉強と決めた長男と一緒に、テレビでオリンピック中継(カーリング・中国戦)を見た。
一生懸命に闘う姿には、素直に心が打たれる。

一投、一投、見るほうも力が入るけれど、ふと「こんなこと、何の意味があるの」という思いが出てきてしまう。
ここで勝ったからといって妻の状態がよくなるわけじゃないし、たとえ日本が金メダルを100個取ったって、それが我が家とどんな関係があるんだろうと。

「母さんがいないと、いろんなことに意味を感じなくなってしまう気がする。世界そのものが意味を失ってしまうというかさ・・・」とつぶやく私に、長男は、

「そんなこと言わないでよ。じゃあオレたちは何なの? 意味がないの?」と。

「ああそうだった、君たちがいる。だから、なんとかがんばれるんだよ」

「父さんと母さんはほんとに仲が良かったから、喪失感は大きいとは思うけど、でも、いなくなったわけじゃないでしょ」

「たしかにそうだったね。きっと帰って来るんだった・・・」

「だから、はじめっから、そう言ってんじゃん。勉強のジャマだからさあ、もう勝手に落ち込まないでよ。一応オレ受験生なんだけど」

「君は大丈夫だ。何も心配してない。ちゃんと合格できる能力をご先祖様から授かっている。そう思わない?」

「・・・・・おもう・・・」

夜、ラッキーと散歩しながら、ぶつぶつ独り言のように話したこと。
「生きていれば、なんとかなる。そのうちきっと良いことが起こる。愛があればなんとでもなる。明けない夜はないんだ。君だって、殺される直前で救われたんだからね、ラッキー」

1ヵ月ちょっと前までは、毎日、妻とラッキーと一緒に散歩したコースだ。
いつかまた一緒に散歩できる日が来ると信じています。

チーム青森は、ギリギリのところで負けてしまったけれど、明日、また新たな闘いがある。
がんばれ日本!

子どもたち | 【2010-02-19(金) 20:50】 | Comments:(5)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-19 金 21:51:35 | | # [ 編集]
> 貴殿のブログを拝読し、事態にポジティブに向き合うことの大切さを再認識しました。
> 皆様ご家族のご多幸を心から祈っております。

とにかく生きていれば、まだなんとかなる――1ヵ月が過ぎて、ようやくそう思えるようになりました。
お互い、希望をもって前に進みましょう。
2010-02-19 金 22:48:44 | URL | junflower #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-20 土 04:09:47 | | # [ 編集]
長男君、なんかとても個性的で知的な雰囲気がありますね。
高3とはいえ、親ほど年の離れた私が簡単に論破され諌められ慰められちゃいそうです。
もちろん学を積んで来られた成果ではありますが、何か持って生まれた天性のような風情を感じます。

もし、人が転生するとしたら、長男君は何代も前から相当な経験をし、そこで得た沢山のデータを自ら増やした多くの魂の引き出しに整理して今に来ている感じ。

きっとカーリングのチーム青森の選手も、ホームレスのおじさんも、誰でもみんな、狭い輪っかの中で必死になって生きて、沢山の貴重なデータを採取し、増やした引き出しにしまっておこうとしてるのかも。
どんな経験が自分を好転させるか。意外性にとんでいるかも知れませんね。
向日葵さんはたくさんの引き出しのせいで、優しく、慈悲深い人になっている。そんな気がします。

すみません。今日は(不思議ちゃん)みたいな事書いてしまいました。
2010-02-20 土 23:30:04 | URL | And You And I #- [ 編集]
> もちろん学を積んで来られた成果ではありますが、
> 何か持って生まれた天性のような風情を感じます。

小さい頃から明るく素直で前向きな性格だったけれど、そういうところは全部、妻から受け継いだものだと思います。
理屈っぽく、議論好きなところは、私からでしょうね。

二男は、逆におとなしく空想家タイプで、いつも周囲と時間がズレている感じ。
どちらも、小学校の頃は、イジメのターゲットになっていました。

> どんな経験が自分を好転させるか。意外性にとんでいるかも知れませんね。

ほんとに。今回の妻の病気はとっても悲しいことではあるけれど、そのおかげで、気づかないまま放置していた宝ものを、たくさんたくさん発見することができました。

> 向日葵さんはたくさんの引き出しのせいで、優しく、慈悲深い人になっている。そんな気がします。

それは、実物をご存じないが故の、美しい誤解です。
ただ、妻を愛しているということだけは、ものすごく自信があります。
2010-02-21 日 09:46:18 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。