プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

夫婦でお買い物 【2015-10-13(火) 17:29】
先日、近所のスーパーで買い物をしていたとき、同年代の夫婦の会話を盗み聞きした。

盗み聞きというか、自然に聞こえてきたんだけど…。

妻「今夜は鍋なんてどう?」

夫「なんでもいいよ」 って、だいたい夫は、こんなふうに言う。私も、です(でした)。

妻「あ、このサンマおいしそうね。食べたい?」

夫「なんでもいいよ」

妻「白菜、まだ高いね。鍋はやめて、やっぱり煮物にしようか…どう?」

夫「だから、なんでもいいよ。買い物が早く終わるものが食べたい」

――ダンナさんは、つまらなそうにカートを押しながら、奥さんの後ろをついて回る。
ときどきスマホをいじりながら、奥さんの話も上の空…

なんだか、数年前の自分の姿を見ているようで、苦笑してしまった。

きっと仲の良い夫婦なんだろうと思う。

でも今のその、一見タイクツに思える瞬間が、じつはどれほど幸せなのか、きっとダンナさんには分かっていないと思う。

私もそうだった。何を聞かれても、「なんでもいいよ」とこたえて、それでも妻はまたすぐに、「これ食べたい?」とか聞いている。

何度も何度も同じことを繰り返し。

でも今はそれが、手の届かない夢や憧れのように思い出される。

なんでもない日常が、宝物のような時間だったと…気づいた時には、もう遅かった。

秋になると、なんだかどうしても感傷的になってしまいます。

今夜は3男のリクエストに応えて、この秋初めての鍋にしようかな…

白菜は、まだ高いけど、ま、いいか…

さてと、買い物に行かないと。

夫婦の時間/想い出 | 【2015-10-13(火) 17:29】 | Comments:(16)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

 こんばんは。
パパさんの感じられたこと・・まったく同感です。
私も全くこの何気ない日常の幸せに気がついていませんでした。取り返しがつかないと気がついたときにはもう遅かったですね。
 でもいつかは形を変えて、(例えば子供達が成長し伴侶を得て家族が増えたとき)、この何気ないひとときの幸せを味わいたいと思います。
それを信じてまた朝を迎えたいと思います。
2015-10-13 火 22:36:02 | URL | 永井 春 #- [ 編集]
みんな、こんな感じなんでしょうね。

失った時にしか分からない幸せって、たくさんあるような気がします。

でも、今だって、子供たちは元気だし、仕事はなんとかなっているし、イヌもたくさんウン○をしたし、天気はいいし、妻はちゃんと生きているし…

自分がそれを受け入れさえすれば、それなりに幸せなんだろなって思います。

そういえば、妻は毎日のように、幸せねって言ってました。
2015-10-15 木 13:22:32 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

初めまして。何度か訪問させていただいているのですが、コメントは初めて残すと思います。

進行性難病の夫の介助生活をしています。
⒓年で車いす生活になるまで悪くなって、車いす生活4年目です。今のところ治療法がないので、このままだとゆっくり寝たきりになります。それに抵抗してリハビリに連れ出す日々です。

闘病をしている夫も介助をしている私もつらいことはありますが、一緒に食事をして、日々の話をできます。私が話かけても、記事の内容の旦那さんのように「なんでもいいよ」って返事か返事がないことが多いですが・・・・・。

「そういえば、妻は毎日のように、幸せねって言ってました。」

この言葉がじんわりと心にしみてコメントを残そうと思いました。夫と息子と(家にもいた飼い犬は夏にに死んでしまいましたが)家族が一緒に生活できる日々は幸せだと思います。奥様のように私も毎日のようにちゃんと言葉にして「幸せね」って言おうと思いました。
2015-10-19 月 13:46:06 | URL | Littlemama #- [ 編集]
さぼりまくりのブログですけど、ご訪問ありがとうございます。

これからきっと良くなると思うことは、とっても大切ですけど、でも、そう思い過ぎると、今の幸せに気が付かないことにもなってしまうなって感じています。

妻は、今も寝たきりですけど、それでもこうやって寄り添っていられることが、それなりに幸せなんだと思うようにしています。

Littlemamaさんの気持ちや、言葉、きっと伝わっているはず。

私も、回復への希望は保ちつつ、現状も受け入れていこうと思っています。

また気軽にコメントしてください。
2015-10-19 月 14:49:33 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]

初コメですが何度か拝見させて頂いております。

今年の冬に母親(52歳)がくも膜下出血を発症し、一命は取り止めましたが、その日以来ずっと意識がない状態です。
こちらのブログには、共感できる部分が沢山あり、また、大変励まされました。

私も、当たり前に過ごしていた母との何気ない時間や他愛もない会話が、いま思い返すと、とても尊く感じます。失ってから気付くものってありますよね本当に…。


基本ROM専になるとは思いますが、これからもたまに覗かせて頂きます^o^*
2015-10-21 水 01:06:10 | URL | ay #- [ 編集]
ウチの妻も同じく52歳で倒れました。
なぜか、この前後でそうなったという話をよく聞きます。

また気軽にご訪問くださいね。
2015-10-21 水 14:32:34 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
お久しぶりです。
ちょっと笑ってしまったんです。
今日 自分のブログにまったく同じような内容を書いていたんです。

どんな会話でもいつかは想い出になっちゃうんでしょうけど
幸せねっていう言葉を心に残してくれているなんて奥さま本当にお幸せだったんですね。
すっごくうらやましいです。
私・・・その言葉 夫に言ったことあるかな~?
2015-10-21 水 21:40:55 | URL | もも #- [ 編集]
同じような夫婦、たくさんいると思います。

> 私・・・その言葉 夫に言ったことあるかな~?

ももさんは、何よりも、手料理で幸せ感を表現できる人だなって思います。
見た目も、そしてきっと味も、素晴らしいんだろなって…羨ましい限りです。
2015-10-23 金 10:54:22 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
2012年12月10日に妻が脳幹出血で倒れ急盛期、回復期を終えて老健から在宅介護に成りました、在宅介護を始めてもうすぐ、二年に成ります、もちろん上下肢体障害、言語障害です都内在住で回復期が熱川で三ヶ月で系列の都内の回復期病院に転院リハスタッフに恵まれイロウは作ってますが、自宅で僕がミキサー食を作って食べさせてます2回ゴエン肺炎しましたが何とか、食べさせてます、昼間は9時から6時までデイサービスを利用して頑張ってます、毎日が後悔の日々です、在宅介護にして良かったのか、飲み込は毎日違います、飲み込が悪い時はイロウからケイカン栄養をしてます。死にたいって思わない日は無いです、せめて言葉だけでもって思ってます、後何年続くか解らない不安感で一杯です、今年の5月には僕が気胸入院…かみさんも仕方がなく回復期で世話に成った病院に入院させました。
2015-10-26 月 22:08:01 | URL | としゆき #zF.Cle0A [ 編集]
在宅介護、すごいですね。私は、まだ決断できずにいます。
仕事と家事で手がいっぱいなのと、外に出ることも少なくないので。
ただ、本当は、妻のためにもそのほうがいいんだろなって思います。

先行きが不安で、希望が見えなくなるときも、たくさんあるでしょうね。
私も、同じです。
それでも、その状態に慣れていくしかないと思って、日々をやり過ごしています。
2015-10-28 水 17:14:53 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
現在妻53私がが47です、在宅介護はおすすめ出来ません、私は現場仕事で仕事場にも迷惑かけて、ノイローゼ気味です、妻に強く当たる事もしばしば(((^_^;)妻も私も両親を亡くしてまして、親戚や娘が全面的に助けくれると、言う事で在宅介護にしました、いざ介護始めたら知らん顔です、妻にもふじゅうかけながら、何とかやってます、何時まで出来るかは分かりません、一度始めたら後戻り出来ません、奥様には少し我慢して貰った方が良いと思います、重度障害者介護は大変です、体力面ではなく大事な人が重度障害者って毎日直視するのは正に生き地獄です(((^_^;)ただ毎日10分でも顔を見せに行くだけで十分だと思うし病院の対応や看護師さんやケアさんの対応が全然違うと思います、頑張って下さい、私は出来るだけ頑張ってみます。また書き込みしますね(*^^*)
2015-10-28 水 19:04:28 | URL | としゆき #zF.Cle0A [ 編集]
ウチと同じ、姉さん女房ですね。
以前が幸せだっただけに、今のつらさも大きいのかもしれません。

在宅介護、キレイごとだけじゃない、大変な苦労があるのでしょうね。

としゆきさん、あんまりがんばりすぎないで、ゆるーく、ゆっくりがんばってください。
それも難しいのかもしれませんけれど。
2015-10-29 木 10:17:30 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
のんびりと楽しい在宅介護って考えてました(^_^)一緒に眠れるのはやっぱり良いです、テレビ視たり、脳幹出血ってそれぞれ後遺症が違うらしいので、家は体感、排泄、嚥下、体温調整、目眩、勿論上下肢体、言語、時々意味が解らず騒ぐ、コミュニケーションは文字盤を使ってます、体感と目眩が有るので、オムツ交換の時は騒ぎまくりです、気胸でタバコやめてた時なんて喧嘩しながら毎日やってました、近所から障害者虐待なんて思われた時も有ります、今さら施設や病院って訳にも行かず、喫煙でまかぎらわしてます。旅行は在宅に戻ってから清里、福島、伊豆、群馬に行きました、勿論福祉車両で車椅子でです、本当は京都に行きたかったのですが長々…旅行は基本的に平日のみで救急病院の診察が出来るからです(^_^)旅行は楽しいですよ、金銭的にも安く行けるので、風呂にもリフト付いてる所が増えて来たので(^_^)まだまだ現実感が薄いです、これは夢?楽しい介護めざして頑張りますね。
2015-10-29 木 23:03:47 | URL | としゆき #zF.Cle0A [ 編集]
いつもコメント、ありがとうございます。
楽しい介護、いいですねえ。

私も、今の現状を受け入れて、ある意味楽しむ方向に気持ちを切り替えるしかないと思ってました。
2015-10-30 金 10:47:34 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
このじょうたいを受け入れるのが一番難しいんだと思います。受け入れると諦めるは紙一重ですね、よく無理しないでとか言われますが、無理しないと在宅介護出来ないのが、今の日本の介護保険の現状ですね、重度障害を介護するのには一人につき二人の介護人が居ないと出来ません、これでも介護と障害の枠一杯使ってもオバーしてます、在宅に成っても大体オムツや食事を計算すると18万越えます…その後奥さまはどうですか?脳幹出血だとやはり完全回復は難しいですか?家は車椅子と介護ベッドが無いと駄目です、言葉はどうですか?
2015-11-03 火 18:02:29 | URL | としゆき #zF.Cle0A [ 編集]
いつもコメント、ありがとうございます。
「受け入れると諦めるは紙一重」って、ほんとにそうですね。
ある意味、半分あきらめているような気もします。

ウチの妻は、体は動きますが、それは反射であって、自発的なものではありません。

言葉は、聞こえているような様子はありますが、はっきりとはわかりません。
2015-11-04 水 15:58:23 | URL | ラッキーパパ #DwOngqZg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示