プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

神は越えられない試練は与えない 【2010-02-22(月) 23:18】
妻が倒れてから39日、意識不明になって38日目。

また、目が少し開き始めてきています。
言葉による反応はないけれど、目の前に顔をもっていくと、不思議とじっと見つめ合うという状況になって、なんだかとてもいい雰囲気です。
こんなに顔を近づけて、長い時間じっと見つめ合うのは、新婚の頃はいざ知らず、そんなにあることではなかったから。

去年のテレビドラマに「仁」というのがありました。
現代の医師が幕末にタイムスリップして、坂本龍馬らと絡みながら活躍するという筋書き。
結構ヒットしたのでご覧になった方も多いと思います。
妻は、このドラマがお気に入りで、毎週、楽しみにしていました。

私は、仕事の流れがあってオンエア時には見られないことが多いので、テレビ番組は録画をしたものを見るというパターンがほとんど。
「先に見ててよ」と言っても、なぜかこのドラマだけは、「一緒に見ようよ」と言って、私の時間があくのを待っていた。
妻はボタンがいっぱい付いたリモコン操作があまり得意ではなく、CM飛ばしもあまりうまくなかったから、きっと「CMスキップ当番」を期待されているんだろうな・・・と私は思ってました。
結局、初回から最終回まで、録画したものを一緒に見ました。

初回かその次だったか、江戸時代にタイムスリップした主人公の仁(医師)が、開頭手術をするシーンがありました。
そのときは、まさか自分たちがその当事者になるなんて、想像もしていなかった・・・。

ドラマ自体は、結局、大切なことは何も分からないまま最終回も終わってしまい、どうも消化不良な感じだったけれど、毎回、繰り返されるテーマにとても印象に残る言葉がありました。
それは、「神は越えられない試練は与えない」というフレーズ。

ドラマの中では、しつこいぐらいに、しかもこじつけのように繰り返されるので、「なんだかなあ・・・」と、私はいつもちょっとひいた感じで呟いていたけれど、妻は目に涙を溜めて見ていることが多かった。

病院など、1年に1度も行かなかったのに、今は毎日、通うようになってしまいました。
日本の高度な医療技術には、とても助けられていると感じる反面、患者や家族に対する精神的なサポートは、まだまだ置き去りにされているような気がしてならない。

日本の「おもてなしの心」は、いま世界中から注目されています。
「思いやり」や「おもてなし」の心は、何百年、何千年もかけて私たちの祖先たちが築き上げてくれた民族の財産だと思う。それは世界に誇れる宝物。

だけど、病院のなかでは、その精神はほとんど生かされてないような気がしてならない。
ホテルやデパートのようにサービス業としての自覚を持つべきだとまでは思わないけれど、体や心が傷付いた人が集まる所なんだから、もう少し、「思いやり」や「おもてなし」の心があっても良いんじゃないかなあ、と思わされる日々です。
どうも、「先生」と呼ばれる人たちがいるところは、そういう傾向がなきにしもあらずか・・・

夫婦の時間/想い出 | 【2010-02-22(月) 23:18】 | Comments:(8)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

母が昨日、脳出血で倒れました。
ずっと寝ています。

不安と心配で、どの位の期間寝たままなのか調べていたら、このブログを見つけました。

昨日から、この先が分からない状況と、
あまりに急なことで、今までの母に対する言動の後悔で、家でも病院でも涙がとまりません。

ブログを拝見して、母が一番がんばっている、必ず回復すると信じ、同じ後悔をしないよう、母以上にがんばろうと思いました。


回復した母に見せられるよう、母宛の応援日記をはじめることにしました。

ポジティブに行きます。

長文になりましたが、息子さんたちのエピソードにも勇気付けられました。
ありがとうございます。
がんばりましょうね!
2010-02-22 月 23:47:29 | URL | Anonymous #- [ 編集]
> 不安と心配で、どの位の期間寝たままなのか調べていたら、このブログを見つけました。

意識がないのは、そのほうが都合が良いから、と思うようにしています。
とくに出血や手術の直後などは、痛みを感じないのはかえってありがたいと。

> 昨日から、この先が分からない状況と、
> あまりに急なことで、今までの母に対する言動の後悔で、家でも病院でも涙がとまりません。

病気は、つらいことだけど、それによって深まる絆もあるということ、私たち家族も実感しています。
お母さまを思うその気持ち、ゼッタイ通じていると思いますよ。

> ブログを拝見して、母が一番がんばっている、必ず回復すると信じ、
> 同じ後悔をしないよう、母以上にがんばろうと思いました。

そうですね。
でも、あまりがんばり過ぎないように。
ゆったりと気楽にいきましょう。
お母さまは、ちゃんと生きていらっしゃるんですから。
生きていれば、きっと良いこともあります。

> 回復した母に見せられるよう、母宛の応援日記をはじめることにしました。
> ポジティブに行きます。

この経験が、いつか笑い話の中で語れるようになればと思います。
お母さまの容態、きっと良い方向に向かいますように。
2010-02-23 火 10:50:55 | URL | junflower #- [ 編集]

私は、全編観ました。独りで。
2004年6月10日にタイムスリップ
出来たら全然違う今があったのにと思います
が、今が現実と受け止めています。
「神も仏も居ないのかと」思っています。
宿命か 運命なのか 誰ぞ知る・・・?
背負いたる 病と一緒 喧嘩せず・・・☆
負けるかと 妻と戦う 日々語り・・・♂
2010-02-23 火 11:53:55 | URL | 心咲 #- [ 編集]
奥様と見つめあわれた風景、とてもほほ笑ましく感じました。
奥様は向日葵さんの瞳にしっかりと焦点を合わせて来られてる様子。
日々回復への様子を一緒に見せて戴いているようでとてもうれしいです。

奥様は(仁)の大ファンなのですね。私はスペシャルを所々見た程度でしたが、子供達が原作の漫画を全巻買って読んでいたようです。
(神は乗り越えられない試練を与えない) 生きていれば試練の連続。
(座右の銘)にしなくとも、誰もがポジティブな面として持っている部分なのかもしれませんね。
だけど時々迂回路を選択していた自分も有ります。その嫌悪感がまた前向きの原動力だったりもします。そんなことの繰り返しですが・・・

病院の無機質な環境に憤る向日葵さんのご心痛よく分かります。私の父が入退院を繰り返していたので実感いたします。医療界も様々な問題を抱えてはいるのですが、入院する身にとって病院の諸環境は切実な問題です。良くなりに来てるのですから・・・

それに絡めて向日葵さんが語った(何千年にも渡る相手を想いやる慎ましやかな日本の文化)
日本は建国2670年!知りませんでした。どうしてもっとこの国はアピールしないのでしょうね。
最近のこの国を憂う出来事が多すぎて鬱々した気分になることが増えました。
日本の伝統、文化は大切にしなければいけませんね!

もうすぐ2月も終わり3月には関東圏では桜も咲きますが、私は北国ですので4月の半ばと言ったところです。
山の雪どけはゆっくりと進み沢山の雪解け水が渓流に流れ込んで渓魚達が活き活きと泳ぎだします。

奥様の回復も、一滴、一滴の雪どけかもしれませんが、いつか喜びの涙となって流れ出し,
皆さんの歓喜となることを願うばかりです。
2010-02-23 火 12:22:13 | URL | And You And I #- [ 編集]
> 「神も仏も居ないのかと」思っています。

なぜか、どちらもいるんじゃないか、と思うこのごろです。
2010-02-23 火 17:07:11 | URL | junflower #- [ 編集]
> 奥様と見つめあわれた風景、とてもほほ笑ましく感じました。
> 奥様は向日葵さんの瞳にしっかりと焦点を合わせて来られてる様子。

距離は10cmぐらいでした。
お互い老眼なので、いい感じでソフトフォーカスになります。

> 奥様は(仁)の大ファンなのですね。

大ファンというほどでもないですけど、TVは毎回楽しみにしていました。
マンガのほうは読んだことないです。

> (神は乗り越えられない試練を与えない) 生きていれば試練の連続。
> (座右の銘)にしなくとも、誰もがポジティブな面として持っている部分なのかもしれませんね。

でも、乗り越えられる試練だとしても、何のために与えるんでしょうね。
人間の成長のため? ゲーム感覚? それとも何かもっと深いワケがあるのか・・・

> 最近のこの国を憂う出来事が多すぎて鬱々した気分になることが増えました。

ほんとに。
でも、希望の種もいくつか見えてきているような気もします。
とくに若い世代に。
2010-02-23 火 17:19:42 | URL | junflower #- [ 編集]
私も一家の主婦で倒れました。私の場合は昏睡状態にはなりませんでしたが、術後、もうろう状態のときに周りの人の空気や声は聞こえていました。
優しく語りかけてげてください。
安心しますよ。
2010-02-23 火 18:10:45 | URL | アシンメトリー婦人 #- [ 編集]
> 術後、もうろう状態のときに周りの人の空気や声は聞こえていました。
> 優しく語りかけてげてください。 安心しますよ。

実体験された方のメッセージ、とても心強いです。
今日も、これから行って、いっぱい話してきます。
2010-02-23 火 19:19:28 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。