プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

夫婦の時間 【2010-02-27(土) 21:36】
夕方、私一人で病院に。
昨日は、高熱でつらそうだったので、病室に入るときは少し気が重かったけれど、実際に会ってみると、今日の妻は驚くほど穏やかだった。
熱も下がり、左の目は、薄目ではなく、半分以上も開いていた。
左目は光に対して瞳孔の反応が出てきているらしい。

目が開いていると、語りかけるときの気持ちがぜんぜん違ってくる。
私が話すひと言ひと言を、じっとこちらを見つめながら聞いてくれている(ように思える)からだ。

     *

あなたと結婚できて私がどんなに幸せだったか、あなたは分かってるよね。

たまにケンカをすることもあったから1日単位ではつらい日もあったかもしれないけれど、月単位、あるいは週単位で見ると、どの月も、どの週も、幸せいっぱいだった。

子どもたちも、いつの間にか驚くほどりっぱに成長している。

あなたの病気のことはもちろん、人生、やり直したいことはいっぱいあるけれど、あなたと結婚できるという保証がないのであれば、今の人生をそのまま受け入れようと思う。
ああ100回生まれ変わっても、1000回生まれ変わっても、あなたと出会い、共に生きたい。

なんでこんな状態でも、幸せなんだろう。
こんなことになったけれど、それでも私たちは幸せだね。

私たちのことを、心から応援してくれている人たちがいる。
私たちは、多くの人の愛と祈りにつつまれている。
子どもたちもそれを感じて、この世界に感謝している。

私たちは夫婦だ。
愛し合うことを祝福された夫婦。
他の、誰も立ち入ることのできない、本当の夫婦。
病気も死も、私たちを分かつことなどできない。

     *

病院の個室。薬品の臭いが漂うなかだけど、何か不思議な、聖なる空気が満ちているような、神秘的で濃密な時間。

体は今まだ病気に奪われているけれど、心は私の元にある――確かにそう思えた瞬間だった。

夫婦の時間/想い出 | 【2010-02-27(土) 21:36】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。