プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 【--------(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--】 | Comments(-)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

転院先探しの旅 【2010-03-08(月) 23:59】
転院を視野に入れた今後のことについて、病院でソーシャルワーカーとミーティング。

回復期リハビリ病院は間に合わないので、療養型でできるだけリハビリに力を入れてくれるところを探しましょう、ということになった。

情報は提供してくれるけれど、最終的に決めるのは私。
どの病院に入るか、どんなドクターに診てもらえるかで、今後の妻の状態が大きく影響を受けるような気がするので、慎重に選ばなければならない。

コメント欄やメールを通していろんな人が情報を提供してくれた。
それと、ソーシャルワーカーがくれたデータをもとに、ネット上の情報をあれこれ調べながら、いくつかの病院をリストアップした。

大切な岐路に立つ今、かつて妻がかかっていた代替医療の治療師の先生とも、友人を通してコンタクトをとることができた。

フシギな治療法を駆使する先生だけれど、妻は、深く心酔していて、私も子どもたちも、実家の親までもお世話になったことのある、超能力者のような方。
病院選びや、家族ができる治療法も教えてくださるということになり、とてもとても心強い。

私は、妻のためならすべてをかけられる。
どんなことをしてでも、妻を取り戻したい。

今夜は、私が転院先探しで追い詰められているのを心配した長男が、一緒に寝るといって、私の布団で寝ている。
高校を卒業する息子と同じ布団で寝るのは、ちょっと勘弁してほしい感じだけど、でも寝顔がかわいい。

母のおっぱいを飲んでた頃や、なんでもかんでも質問ばかりして親を困らせた頃、天才少年と騒がれてテレビに出た頃――そんな小さな頃の顔が重なる。

この子によって、妻は母に、私は父に、なった。

二男は、今日も私の足をマッサージしてくれた。
「だいじょうぶだよ、なんとかなるよ、母さん、帰ってくるよ、父さんのことが大好きだったから」と言って。

三男は、私の布団に入る長男をうらやましがり、自分も一緒に寝ようとして、長男に追い出され、しぶしぶ子ども部屋に帰っていった。
それでも、大好きなY兄(二男)と一緒だから、そんなに寂しくはない。

妻と私が育てた子どもたち。たくさんの人と関わりながら、3人ともまっすぐに成長してくれた。

この子たちと、共に生きられることが嬉しくて仕方がない。
この子たちのところに、1日も早く母を取り戻したい。

どれ、長男を起こして、子ども部屋に追い返さないと・・・やれやれ


結局、長男はそのまま私の布団で寝た。

「父さん、もう寝るから自分の部屋に行ってくれ」と言うと、

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。はいどうぞ」と言って、布団を半分空けた。

「狭いんだから、カンベンしてよ」

「小さくなって寝るからだいじょうぶ」

寝ぼけているのか、ホンキなのか、布団から出ようとしない。

仕方がないから、小さな布団で、もうすぐ高校を卒業する長男と一緒に寝た。

もう10数年ぶりのこと。

ラッキーは、最初は少し怪訝そうにしていたけれど、やがて布団にもぐりこんで、その状況を定着させた。

朝、布団から体が半分はみ出していたわりには、フシギと目覚めは良かった。
子どもたち | 【2010-03-08(月) 23:59】 | Comments:(10)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント
おはようございます。
今日もさらに寒いですね。

でも、ブログを拝見してとっても温かい気持ちになりました。

親子関係、夫婦関係、兄弟関係。
どれをとっても、最強家族。

その中心軸であるお母さんが復活しないわけないです。
(^^)v

転院等、何かと悩ましいかと思いますが、全ての道は日の当たるところにつながってますよね。

今日も東京のどこかで祈っております!
2010-03-09 火 08:53:02 | URL | さな爺 #xRJCGGbg [ 編集]

今年は、この季節にしては珍しく雨が多いですね。花粉症に悩む
者としては嬉しくもあるのですが、やっぱり太陽が恋しいです。
この日記のタイトルにもなっているヒマワリの花ですが、日本語
だけでなく英語でも中国語でも韓国語でも、太陽に向かって咲く
花という意味合いのネーミングなのだそうです。
元気で底抜けに陽気な花というイメージのヒマワリですが、じつ
はギリシア神話などヨーロッパに残る数々のエピソードの中では、
ちょっと切ない花でもあるようです。太陽神アポロンに恋した娘
が、くる日もくる日もアポロンの姿を見つめ続けて、ヒマワリの
花に姿を変えて今に残っているというエピソードです。
でも、よく見るとヒマワリの花は太陽ばかりを追っているのでは
ないことがわかります。太陽の光を受けて、その笑顔を周りにも
見せながら周りの人々を元気づけているんですね。ちゃんと人の
目の高さからその笑顔が見えるように咲いている……健気です。
ヒマワリの花のような奥様の太陽は、言うまでもなくご主人です。
あたたかく照らし続けてあげてくださいね。大丈夫、きっと陽が
差してくることを、ここに来る皆が信じて祈っていますから!
2010-03-09 火 11:16:52 | URL | 晴 #ncVW9ZjY [ 編集]
様々な条件を照らし合わせながら一つに絞り込む作業は大変な労力。
まして大切な奥様の未来を見越しての選択となれば一入。

大変ですけど、でもとてもとても大切な分岐点。
転院先の決断は向日葵さんにとってそれだけの重さと価値を持った難行,苦行と言えるのでしょうね。

きっと良い結果を生む選択肢に導かれることをお祈りいたします。
2010-03-09 火 14:44:06 | URL | And You And I #- [ 編集]

次の転院先の病院を探す条件として

・肢体不自由の診断書が書ける指定医がいる
・STが常駐している

を付け加えると良いかもしれません。

大病院なら指定医がおりますが、中小ですと微妙です。
今後、身障手帳で医療の助成・補助を利用できますし
福祉サービスも必要になると思いますので。
次の転院先でこれらの手続きを行うことになると思います。

STの方がいますと意識障害でも嚥下の訓練が出来るかも
しれませんし、また言語聴覚士の方は嚥下のみならず言語や
脳の機能全体に明るいです。

脳には音楽が良いですが、実際は目の方が遥かに脳への
情報量が多く刺激としては有効です。ですが、私が出会った
STの先生はスパルタが脳の覚醒には一番良いかもと笑って
おられました。目を瞑った母に訓練中はほっぺたをパンパン
叩いて口腔内をスポンジで刺激しゼリーを少しずつSTの先生の
指示に従って流し込んでいました。

手足は自由に動かなくともまずは食べる生きがいだけは感じさせて
あげたいものですよね。
2010-03-09 火 16:11:04 | URL | けい #50jynCW6 [ 編集]

ブログを拝見してます 我が家も男の子3人いますが向日葵さんの息子さんの姿を見て感動してます 真っ直ぐに素直に育っているので 羨ましいです どんな子育てをして来たのか どうすれば男の子が素直に優しい子に育つのかを 是非元気になった向日葵さんにお聞きしたいと思います 私も病気は違いますが 義父が闘病しております 転院の時は本当に悩みました 是非良い病院で治療 リハビリが出来る様に長崎ですがお祈りしております
2010-03-09 火 19:54:47 | URL | あこ #- [ 編集]
> 親子関係、夫婦関係、兄弟関係。
> どれをとっても、最強家族。

実際はそんな最強なんてほどはないですけど、こういう状況だから、より結束している感じはあります。
2010-03-09 火 23:42:58 | URL | junflower #- [ 編集]
> ヒマワリの花のような奥様の太陽は、言うまでもなくご主人です。
> あたたかく照らし続けてあげてくださいね。

晴さんのコメント、電車の中で読んでたら、涙が出そうになりました。
ほんとに、こんなグータラ夫を、太陽のごとく慕ってくれてたんです。
2010-03-09 火 23:43:03 | URL | junflower #- [ 編集]
> 転院先の決断は向日葵さんにとってそれだけの重さと
> 価値を持った難行,苦行と言えるのでしょうね。

すごいプレッシャーです。
でも、何かフシギな大きな力が作用しているような、安心感もあります。
2010-03-09 火 23:43:22 | URL | junflower #- [ 編集]
いつもアドバイス、ありがとうございます。
とっても参考になっています。

私も、今いろんな専門用語を勉強してます。
今までは全く知らなかった世界。
でも、ずっと前から、多くの方が苦労して来られたんだなあと実感させられています。
2010-03-09 火 23:44:23 | URL | junflower #- [ 編集]
> どうすれば男の子が素直に優しい子に育つのかを 是非元気に
> なった向日葵さんにお聞きしたいと思います。

夫婦が仲良く、お互いが大好きで、尊敬し合っていた――それだけで、子育ての半分はOKのような気がしています。

義父様のご病気、きっと良い方向に向かいますように。
2010-03-09 火 23:48:05 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。