プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

桜のラベルのワイン 【2010-03-21(日) 23:07】
今日は、春日部のKさんが来てくださった。
カイロプラクティックの先生なので、本格的なマッサージをしていただいた。
妻が心から尊敬していた人。
(前にも書いたけれど、幸せなことに、妻にはそういう人がたくさんいます。)

     *

先日、我が家に来られたMさんから、「桜のラベルのワイン」が届いた。
母が、「お酒はだめだけど、ワインなら少しは飲めるんです」と言っていたことへの心遣い。

このワインにまつわる哀しくも美しいエピソードを、Mさんが教えてくれた。涙が出た。
多くの人が、多くのつらい状況を乗り越えて、花を咲かせ、散り、次の世代がまた花を咲かせ、愛と命をつないできた。
我が家族も、その大いなる流れのひとつ。

与えられた時間のなかで、哀しさも、楽しさも、不安も、希望も、全部引き受けて、思いっきり明るく、美しく、咲いてみたい。

     *

(以下、Mさんのメールより)

  ウィンダウリー・エステート
  ウッドブロック サクラ・シラーズ 2007

1944年、第二次世界大戦中、最大の脱走劇となった「カウラ・ブレイクアウト」(カウラ大脱走事件)。
カウラの地で捕虜になっていた日本兵545人が大脱走したこの事件の背景には、「生きて虜囚の辱めを受けず」の精神を教え込まれていた日本人の精神を、収容所の看守たちが理解していなかったことから、この悲しい事件は起きてしまいました。

日本兵捕虜達は、「万歳」を叫びながら、マシンガンの雨に倒れ、200名以上もの犠牲者を出しました。
その後、脱走が成功した捕虜も10日以内に全員捕えられましたが、脱走中、日本人指導者に「脱走してもオーストラリア市民に、決して危害を加えるような事はするな」と厳命されていた為、オーストラリアの市民に死者やけが人は一人も出ませんでした。

カウラの人々はこの事件で命を落としてしまった日本兵を手厚く葬り(その誇り高き意志を尊重して)、日本との友好関係を深めるために、本格的な“日本庭園”や“日本文化センター”を作りました。
(この土地は今では日本に寄贈され、オーストラリアの中での日本の土地だそうです!)

さらには日本人墓地から日本庭園までの5kmの間に、約2000本の桜を植え、毎年、桜祭り(10月頃)が盛大に行われるようになったのです。
国際理解を象徴する並木道としての “ 桜 ”。
この「カウラ」の地で、桜にまつわる逸話をモチーフにしたのが、この「サクラ・シラーズ」のラベルなのです。

雑想 | 【2010-03-21(日) 23:07】 | Comments:(2)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

日本列島、あちらこちらから桜の開花宣言が聞こえ始めましたね。

> 哀しさも、楽しさも、不安も、希望も、全部引き受けて、
> 思いっきり明るく、美しく、咲いてみたい。

そのつぼみは着実に膨らんでいると思います。そうそう、入院中
お見舞いにいただいた花をベッドに横たわって見上げていたとき、
新たな発見をしたんです。ガーベラという、さほど珍しくない花
だったのですが、改めて下から見上げるのは初めてのことでした。
「虫けら目線だ」「そうか、虫はいつもこんな角度で花を見てる
のか……」と、とても新鮮に感じました。ガーベラは、人の目の
高さに向かって背伸びするように、思いっきり明るく咲く花です。
そしてもうじき満開を迎える桜の花は、人の目の高さに向かって
優しく微笑むように、うなずくように花をつけます。

そんな花々に人々が、癒され、慰められ、励まされている様子を
地べたを這いずりながら見上げている「虫けら」の目線もあれば、
そんなすべてを空の上から見下ろしている「カミサマ」の目線も
あるんだと、なんでもないことが楽しいことのように思えました。

クヨクヨしても、ニコニコしても、メソメソしても、時間は前へ
ゆっくりと流れ続けます。2ヶ月前で止まったりはしていません。
奥様と息子さんたちとご主人にとっても、平等に同じ速度で……。
一日一日を、大切に、美しく、咲きたいですね。
2010-03-22 月 23:25:42 | URL | 晴 #ncVW9ZjY [ 編集]
> ガーベラは、人の目の高さに向かって背伸びするように、思いっ
> きり明るく咲く花です。
> そしてもうじき満開を迎える桜の花は、人の目の高さに向かって
> 優しく微笑むように、うなずくように花をつけます。

向日葵のような妻の笑顔は、いつも私や子どもたちに、まっすぐに向かっていました。
今はまだ力を蓄えている段階だけど、また明るく咲いてくれる日が来ると信じています。
2010-03-23 火 10:27:39 | URL | junflower(管) #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示