プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

神秘的な時間の流れ 【2010-03-24(水) 23:44】
病室。夜の9時30分。
外は冬に逆戻りのような寒さだけど、ここはいつも20度に前後に保たれている。

BGMは、Deep Forestから、ちょうど懐かしいユーミンに替わったところ。

スピーカーの所には、誰が置いてくれたのだろう、小さな花瓶に可愛い花が活けてあった。
もう生命の基盤となる大地から遠く離れてしまっているのに、こんなに生き生きと、残された時間をせいいっぱい美しく咲いている。

20100324.jpg

  妻がじっとこっちを見ている。
  だから、私が目を向けると、必ず目が合う。

仕事をしている私の傍には、20年間、こうしていつも妻がいた。

     *
     
今日は、3男がテストの成績が思わしくなかったのか、少し落ち込んでいた。
2男が、「K(3男)のことはオレがフォローするから、だいじょうぶ」と、なんだかとても彼らしくない、頼りがいのあることを言った。
この期間、彼もずいぶん成長したような気がする。

いや家族全体が、数ヶ月前とはぜんぜん違うステージに上がって来ている。
試練や苦労は、人を成長させ、人と人とを深く結び付けてくれる最高の接着剤なんだと実感する毎日。
もしそこに愛がなければ、かえってバラバラになって、崩壊していたかもしれないのだけれど。

たまらなく寂しくなることもあるけれど、決して不幸ではない。
不思議なことだけど、幸せの度合いは、妻が倒れる前とあまり変わっていないと思う。
むしろ、かえって日々幸せを実感することが多い。

つらいのは、その幸せや喜びを、今までのような方法では妻と分かち合えないということだ。
でも、それにしたって、きっと言葉が通じて分かち合えていると信じればいいわけだし。

  妻はまだこちらを見ている。
  ほんとに必ず目が合うから、思わず笑ってしまう。
  (どうした、今日は、ずいぶん起きているね)

  しきりに口を動かしている。
  (ん? 何か言いたいの?)
  (それとも、何か、食べたいの?)
  (もう2ヶ月以上、口から食べてないもんね)
  (今夜はね、私が肉野菜炒めを作った)
  (あなたが作るほどはおいしくなかったけれど、
    それでも子どもたちは喜んで食べてくれたよ)

――いろいろな報告のあと、言葉が尽きて、いや、言葉にできない思いがあふれてきて、長い間、ただじっと見つめ合った。何分も何分も時間が流れていった。

何かが通じている。
宇宙は、この瞬間をきっと記憶している。
――そんな気がしてくるほど、神秘的な時間だった。

冷たい雨や寒さのせいか、今日は少し気持ちが落ち込んでいたけれど、こうしてまた妻に元気と勇気と希望をもらうことができた。

子どもたちに、何かアイスでも買って帰ろう。

夫婦の時間/想い出 | 【2010-03-24(水) 23:44】 | Comments:(4)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

こんばんは
ご家族の深い絆が素敵ですね。奥様は優しい語りかけを必ず聞いて ご自分も話していらっしゃると思います。私は自分では会話をしているつもりでしたが 後で色々聞いてみると 言葉を発してなかったようです。人間の脳は障害を受けると再生せず 機能していない部分が代わりにフォローしていくしかないと認識していましたが 障害を受けた部分も再生していくという見解もあるそうです。入院中、リハビリの先生が 仰ってました。まだまだ未知の世界。最近は自分がどう回復していくか 楽しみになってきました。発症から年数がたっても効果が期待出来るリハビリや 脳に直接働きかける治療など 興味津々です。今年の目標は車の運転を再開する事!です。黄色の小さい車が欲しくて欲しくて…でも子ども達の学費がかなりかかるこの頃…かなり厳しい願いです…(泣)主人は 外出は杖が絶対必要な段階で 車の運転など 心配でたまらないみたいですし…。季節の変わり目です お体ご自愛くださいね。
2010-03-25 木 03:20:18 | URL | リマリマ #- [ 編集]
> 私は自分では会話をしているつもりでしたが 後で色々聞いて
> みると 言葉を発してなかったようです。

そうなんですね。
しきりに口を動かすので――それもただ開いたり閉じたりではなく、何か話しているような動きです――やっぱり何か伝えようとしているんでしょうか。
心を寄り添うようにすると、その「声なき言葉」が聞こえるときがあると、妻の親友(というより姉妹?)のTさんが言ってました。

> 発症から年数がたっても効果が期待出来るリハビリや
> 脳に直接働きかける治療など 興味津々です。

TVで見たことがあります。
技術的な進歩は、とても希望ですが、ハートの部分がついていくのかどうか、今の病院を見ていると少し疑問に思ってしまうときがあります。

> 今年の目標は車の運転を再開する事!です。

ぜひ実現して、私たちに希望を与えてください。
でも、ご主人の心配も、よーく分かりますけどね。
2010-03-25 木 19:57:19 | URL | junflower #- [ 編集]

お久しぶりです。
このブログと出会い、本当に3年前の自分を思い出す毎日です。
(実際、療養型病棟に居た頃は病室内全員意識障害者でしたので、
あの頃に隣のベッドに居たYさんに似た状況かな、、、なんて思っています)
右脳出血と開頭術(母の場合は持病の高血圧で血腫が7cm以上になり
CT画像で何スライスも血腫が認められ脳ヘルニアへの可能性が高いとの
医師の判断で当日緊急手術でした)と似た境遇で、私が経験したことが
役立てばと思っています。。
奥様は右利きですか?左利きですか?実際は右手で文字を書いていた
場合でも歯は左側で主に噛んでいたり手を組み合わせた場合に左手の
親指が上に来たり腕を組むと左腕が上に来る人は右脳優位の場合もあるそうです。

今は右側に視線が寄っていませんでしょうか?
右脳出血ですと半側空間無視が出ると思います。
母の場合ですが右半分は右目、左半分は左目で見るようで
両目の偏位が目立ちます。(左側・上側は今でも若干見難いようです。)
神経障害ですので利き目(右目)の範囲で左目は
通常通り動くこともあるらしいです。。。

もしそうでしたら今後は右側からの声かけや刺激に反応しがちですが、
左側からの刺激(今は声かけ)も重要かと思います。

色々と調べられた事と思います。
・意識は優位脳(右利きなら左脳)にある。
・右脳出血なら発語、嚥下に障害がない場合が多い。
・大脳にて精神活動がある。(*)
・脳幹何とか系(?)が回復すれば目は開く。
・開頭術を受ける程度の血腫なら大脳への衝撃が大きい。
・硬直など特異な反射がない。
・1ヶ月以上この状態が続いている。

実は(*)の点で、この点で回復しうると私は思いました。
いずれゆっくりですが意識が戻ってくると思いますので手に櫛を持たせて鏡の前で
髪をとくよう手伝って上げて下さい。出来るのでしたら、洗面所で歯を磨くとか
顔を洗うという日常の動作を家族がして上げて下さい。

ps:思い出したことを徒然と書き込んでいますので文章がちぐはぐになっていることをお詫びします。
2010-03-25 木 23:16:45 | URL | けい #50jynCW6 [ 編集]
いつも詳しい情報、ありがとうございます。
参考になります。
2010-03-26 金 21:22:14 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示