プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを続ける意味 【2010-03-29(月) 23:58】
妻が倒れた3日後から、毎日ずっと更新してきたブログ。
1日の句読点を打つように、ほぼ日課のようになっていた。
1日のアクセスが1000件を越えることもあり、たくさんの人に読んでいただいていることも励みになっている。

だけど先週の土曜日、朝から深夜まで大阪取材だったため、左メニューのカレンダーの中に初めて記事ナシの日ができた。
そしたら、いつものナマケ癖が再発したのか、昨日もサボり、さらに今日もなぜかすっかり忘れてしまっていた。
長男と話していて、ふと気がついて、また書き始めた次第であります。

義務のようになっていたわけではないけれど、読まれることを意識しているので、独り言のように気楽なわけでもない。

もともとブログを始めた頃は、急性期ということもあり、妻の病状を心配してくださっている方々に報告するという目的があった。

それが2ヶ月を過ぎたあたりからは、安定期(慢性期)に入ってきて病状の変化もゆるやかになり、報告という意味合いが薄くなってきている。

それにかわって、このブログを続ける主な動機となっているのが、せっかくこうした極限状態を家族として経験しているのだから、その記録を残して、これから生まれてくるであろう子どもの子どもたち、そしてさらにその先の子どもたちへと伝えたいということ。

何十年、何百年か後、親が子へ、「ご先祖様は、こんなふうに愛し合い、支えあい、一生懸命に生きていたんだよ」と語り継いでくれたら、とても嬉しいと思う。
(もちろん、今この時に希望を失っているというわけではないので、どうか誤解なきよう・・・)

まあ、このブログという形式や、それがのっかっているメディアが、そんなに長く続くことはないだろうけれど、そのときはいずれ何らかの形に変換してでも、家族の歴史として残しておきたい。

もちろん、妻が目覚めたときに、読ませたいという思いもある。
しばらくは、体が思うように動かないだろうから、とても面白い退屈しのぎになるに違いない。

当面の課題だった転院先への道筋が、少しずつ見え始めています。

雑想 | 【2010-03-29(月) 23:58】 | Comments:(5)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

コメント

私は早く意識が戻って欲しいと期待して毎日ブログ読んでいます。
誰でも同じだと思いますが私は時間が許す限り病院に行きました、
後悔したくなかったので可能な限り出来るだけのことをしました。
前にも書きましたが体温調節ができない時でもなるべく外の空気、
光を浴びせたくて体温があっという間に38度まで上昇した時は
看護師さんに怒られちゃいましたが(笑)

今後は綱渡り的に転院したら次の転院先を探すという形になると
思います。(経管栄養と気管切開だと転院先も限られると思います)
しかし、転院先にいる担当医も看護師もその道のプロですし、家族が
真剣に病気と向き合ってる場合にその家族を見捨てることが出来ない
のが人情です。(急性期ですとこういうことがおざなりになりがちですが)
患者同士の交流も大切にして下さいね。「どこどこの病院は○○系
だけどそういうこと気にしないなら、あそこはリハビリに物凄く力入れ
てるよ」なんて話がどんどん聞けますから。

環境を変え気分転換することは奥様にとっても刺激になりますし家族
にも閉塞感を取り払う意味で必要なんだと思います。

意識が戻って来ると眠っている神経が刺激され痙攣発作が出てくるでしょうし、
いずれは在宅介護の話題へとなってきます。軽い脳卒中ですと病院主体で
行けたとしても数ヶ月間意識障害が続くような重度になると意識を回復させる
にしろリハビリするにしろ、どうしても家族が主体にならざるを得ないんです。

そろそろ身体障害者手帳の診断書を書いて貰える時期ではないでしょうか?
病院間の移動の福祉タクシーや医療費助成、車椅子や補装具、床ずれ
防止の特殊マット、自宅の改修工事の補助、役所の福祉課で色々と相談に
乗って貰えるなど自治体にもよりますが必要なサービスが手帳がないと
受けられませんので早めに申請しておいた方が良いと思います。
病院の方には「今後、在宅介護を考え福祉サービスが使いたい」と伝えれば
好意的に対応してくれるものと思います。
2010-03-30 火 19:18:47 | URL | けい #50jynCW6 [ 編集]

毎日 気になりながらブログを開いてます 奥様の様子や息子さん達の事 そしてパパさんの今の気持ちが分かります 私も毎日ブログを開くのが日課になり 更新が無かったらフッと不安になったり 意識が戻った奥様に読んでもらいたい内容ですね~息子さん達がたくましく乗り越え パパさんを支えて来た証を残してあげて下さいね
2010-03-30 火 20:49:16 | URL | あこ #- [ 編集]

犬ブログつながりのしゃんちろりんです。

今日、運転をしながら携帯にダウンロードしたまま忘れていたサラ・ブライトマンの歌を聴き、ラッキーママさんのことを想いました。

また先日は鉢植えに植えたミントを摘み、ママさんのようにお茶を入れて飲んでみました(季節感ゼロですが(*_*;)。

毎日こちらにお邪魔して、ママさんが穏やかな一日をお過ごしでありますようにと願いながら読ませていただいています。

緩やかに良い方向に向かわれますように。。
2010-03-30 火 21:56:00 | URL | しゃんちろりん #3qfE3UIc [ 編集]

この日記を拝見して奥様の快復を祈っていない人は一人もいない
でしょう。きっと、みんな気がつけば、毎日ここを訪れて、よい
報告があることを期待しているのでしょうね。
もちろん、私もその一人です。けど、どうかご家族はそれを重荷
にお感じにならないでください。ご快復を望みながらも、決して
絵に描いたようなドラマチックな急展開を期待しているわけでは
ありませんので……。私たちの祈りがチカラになって、ご家族と
奥様に届くことだけを望んでいます。
自営という、融通が利く反面、常に不安と背中合わせのお仕事も
抱えながらの看病ですから、心身ともに本当に大変だと思います。
奥様を支えるご家族が、今、倒れるわけにいきません。使命感の
ブログになってご無理をなさいませんよう。ご自愛ください。
2010-03-30 火 23:43:29 | URL | 晴 #ncVW9ZjY [ 編集]
みなさん、コメントありがとうございます。
とっても励みになります。

まだまだ意識がはっきりしない状態が続いていますが、それでも穏やかな表情を見ていると、ほんとうに心が慰められ、幸せな気持ちになります。

回復への希望と努力は工夫は保ち続けつつ、いまこの時でしか味わうことのできない心の状態や、こうした状況だからこそ築くことができる家族関係や人間関係を、大切に大切にしていきたいと思っています。

もちろん、こうして皆さんからいただく暖かい言葉も、そうしたことの一つだと思っています。
2010-03-31 水 00:19:31 | URL | junflower #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示