プロフィール

ラッキーパパ

Author:ラッキーパパ
向日葵のように明るかった妻が突然倒れました。5人の子どもたち(T:18、Y:16、K:13、ラッキー:犬1…全員♂・年齢は当時 2016年より猫1が参加)と共になんとか生きています。詳しくは「はじめに」で。

記事テーマ
1ヵ月丸ごと表示(古い順)
メールお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

座位の訓練 【2010-05-15(土) 23:59】
今日は新潟から妻の両親と弟さん夫婦が病院まで来てくれた。

ちょうど座位の訓練を中心としたリハビリの時間に立ち会うことができた。

100515a.jpg

明るく語りかけながら、一生懸命にリハビリを続けてくれるスタッフを見て、両親も安心してくれた様子。

「良い病院に入れてほんとに良かった」と言ってくれた。

100515b.jpg

ところで、車椅子に乗せるための講習会は、来週の土曜日に開かれることになった。
(というより、はじめからそうだったのを私が勘違いしていたらしい)

今夜の夕食は、おみやげにもらったサーモンの刺身やひじきの煮物。

とてもおいしかったです。

安定期/リハビリ | 【2010-05-15(土) 23:59】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

車椅子講習会 【2010-05-22(土) 21:51】
みなさん、コメントありがとうございます。
とてもチカラになっています。
ケータイでの文字入力があまり得意ではないので、なかなかお返事出来ずにすいません。

今日は妻の病院で車椅子の講習会があった。
楽しみにしていたけれど、私は参加できず、長男と三男と、T夫妻が行ってくれた。

とても丁寧に説明してくれたらしい。楽く笑いながら、だけど真剣に。
写真入りで説明書まで作ってくれていた。モデルはもちろん妻だった。



その時のようすを、こんどは私の病院に来て、楽しそうに教えてくれた。

「こんな状況で何で笑っていられるんだろう。自分でもふしぎ・・・」

長男がしみじみと言っていた。

ほんとうに、人間は、心の持ち方次第で、どんな状況でも笑える、喜びや幸せを感じることができるんだと、実感する日々です。

逆に、どれほど恵まれていても、不平不満のほうが先立つことだってあるということも・・・。

安定期/リハビリ | 【2010-05-22(土) 21:51】 | Comments:(5)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

傾斜45度の重力刺激 【2010-06-01(火) 23:26】
きっかり半月ぶりの妻の病院。
まだ少し術後の傷痕が痛いけれど、どうしても会いたくなった。

私の入院中、必要に迫られて導入したWiMaxのおかげで、移動中でも、また妻の病院でも、ネットに接続することができる。
急な仕事の以来にも対応可能。
自宅には長男が待機しているし。(HPの更新など、仕事も手伝ってくれている。)

病室に入ると、ちょうど妻はリハビリルームに移動するために車イスに乗ろうとするところだった。
手伝いたかったけれど、まだ完全に傷口がふさがっていないので、力仕事はちょっとムリそうなので、あきらめた。

私の病気のことは長男経由で知れわたっているらしい。
スタッフのみなさんに激励していただいた。

久しぶりに会う妻は、顔色も良く、とても元気そうに見えた。

さてさて、今日のリハビリは、なんと「立つ訓練」。
もちろん、体をしっかり固定したうえでのことだけれど、ベッドを最大45度まで傾けて、足の裏に体重を感じさせ、体全体に垂直方向の重力刺激を与えるというものだった。

100601a.jpg

まずは傾斜25度で、少しずつ慣れさせていく。

100601b.jpg

次は、35度で一休み。
傍で見ていると、これでも、かなり刺激的に見えた。

100601c.jpg

体が傾斜になじんだところで、いよいよ45度。
本人は、それなりに怖いんだろうと思う。体全体が緊張している感じだった。
足の裏には、しっかりと体重がかかっている。

そしてこの45度の傾きのまま、グーパー練習。

100601d1.jpg

右手でグーを作りながら、理学療法士のSさんが、
「左手も一緒にグーを作ってくださいね」というと、ゆっくりと左手の指が曲がり出した。

100601d2.jpg

「はい、今度はパーですよ。左手も一緒にね」というと、左手の指が開き始める。

「これ、分かっているんでしょうか?」と私が聞くと、

「左右の神経はつながっているので、反射かもしれませんが、でも、聞こえていると思いましょう。ちゃんと動くということだけでも、希望ですから」と、Sさん。

45度の傾斜のまま約20分キープ。

「よくがんばりましたね、せっかくだから、座る練習もしましょうね。」

今度は、後ろから支えてもらいながら、座る姿勢。

100601f.jpg

「ほら、自分の力で首を支えようとしてくれるんです。最初はグラグラで手を放せなかったけれど、今は手を離しても大丈夫。最近は、右目も開けてくれるようになったんですよ」

100601e.jpg

座りの姿勢で、首をまっすぐに伸ばすと、ほんとに右目が半分ほど開いた。

手術から3週間ぐらいたったころ、一度だけうっすらと開いたことがあったけれど、それ以来ずっと閉じたままだった右目が開き、瞳が見えた。

「劇的な回復はドラマの世界での話です。現実は、ゆっくりゆっくり、よく見ていないと分からないほどの変化だけど、それでも確実に良くなっています。今はまだ発症からあまり時間が経っていないから、理学療法や作業療法など、毎日1時間は何らかのリハビリを行うようにしているんですよ。」

なんてありがたいんだろう。
手を動かしたり、角度を変えたり、頭を持ち上げたり、とにかく何かするごとに、必ず「○○しますよ」と声をかけながら、話しかけながら、笑いかけながら、楽しそうに、プログラムをこなしていく。

約1時間のリハビリを終えて、病室に帰る途中、Sさんが、

「天気がいいし、ベランダに出て写真撮りませんか? ナラティブアルバム見たんですけど、ご夫婦の2ショット写真があまりないみたいですから」

――というわけで、仲良くフレームに収まりました。

100601g.jpg

お互い手術を経て、1つずつ年をとったばかり。
山を越え谷を越えて、何年ぶりかの2ショットだね。
春の日差しが、とってもとっも、さわやかな1日。

安定期/リハビリ | 【2010-06-01(火) 23:26】 | Comments:(1)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

再び立つ訓練 【2010-06-12(土) 20:47】
1週間ぶりの病院。
今日もちょうどリハビリの時間に立ち会うことができた。
車イスへの乗り降り、手術後の痛みがほぼなくなったので、私も自分でやれるように教えてもらいながら参加させてもらった。

リハビリルームに向かう途中、ベランダに立ち寄り、そこで、口のなかに薄いレモン水を含ませたりして味覚の刺激と、口内の洗浄。

リハビリルームでは、再び立つ訓練。
先回は25度→35度→45度だったけれど、今日は30度→45度→55度とグレードアップしていた。

100612a.jpg

55度になると、本人からするとほとんど立っているような感覚になるそうだ。
太ももやお腹のあたりが緊張して力が入っている。
ちゃんと重力に反応して体を支えようとしているらしい。

次は、座る訓練。

100612b.jpg

リハビリ開始のころから比べると、自分で首を支えようとする力が強くなってきているということだ。
首がしっかりしてくると、車イスの乗り降りもずいぶんラクになる。

     *

さて、家のほうは、長男が予備校に行き始めたので、何かと忙しくなった。
ブログの更新もちょっと滞りがち。

私も退院して2週間。
体調はほぼ戻ってきたような気がするけれど、やっぱり疲れやすくなったような気がする。
体重は8Kgぐらい減ったまま。

夕食をどうするかが、今のところ大きな問題。
今までは長男が作っていたけれど、自習室に残って勉強してくるため、帰りは10時過ぎになる。

スーパーで惣菜を買ってきたりして何日か凌いだけれど、さすがに飽きてきたし、あまり続けて食べると、なんとなく体調も悪くなるような気がしてくる。

そこで、食材宅配というサービスを試してみることにした。
買い物やメニューを考える手間が省け、レシピが付いてくるので、調理も簡単。
調理時間もぐっと短くなる。

とにかく、何とかこの難関を乗り越えていかなければ。

安定期/リハビリ | 【2010-06-12(土) 20:47】 | Comments:(1)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

7月・・・もうすぐ夏 【2010-07-01(木) 22:37】
なんだかずいぶん久しぶりの更新になってしまった。

仕事と家事の合間を縫って病院に行っているので、時間があまり取れないということが大きい。

いまのところ週に2回。土日のどちらかと、週半ばに1度というペースだ。

病室からWimaxがつながれば、そこで多少は仕事ができるので、もう少し面会の回数や時間を増やせると思う。

感度を調べた結果、窓際に行けば、なんとか使えるレベルにはなるので、いま病院側とベッドの引越しを交渉中。

今日は、3男が早く帰って来た(テストが近く部活がないため)ので、ラッキーを家において、午後から病院に行ってきた。

妻はいつになくハッキリと眼を開いてくれていたので、ずいぶん長いこといろんな話をした。

――と言っても、こちらが一方的に話すだけなのだけれど、眼をそらさずにじっとこちらを見つめてくれるので、ちゃんと伝わっているような気がしてならない。

一生懸命に聞いてくれているように思えて、とてもいとおしくなる。

思い出話や、今の生活の報告、お金の問題、子どもたちの様子、仕事のこと、サッカー日本代表のこと、世の中の動き、ディスカウントスーパーが近所に3つもできたことなどなど。

今日から7月。あと半月で、妻が倒れてから半年になる。

「あれは、まだ正月気分が残る1月15日だった。冬から、春を越え、梅雨を経て、もうすぐ夏だよ。また一緒に冷麦が食べたいね。」


安定期/リハビリ | 【2010-07-01(木) 22:37】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

みんなで写真撮影 【2010-07-11(日) 23:55】
参院選挙の日。

いつもなら夫婦そろって近所の投票所に行くのだけれど、一人だとなんだか気持ちが動かず、棄権してしまった。

今の妻の状態は、国の医療・福祉政策によって支えられているわけだし、それを決める国会議員を選ぶということは、同じような状況におかれている多くの人にとっても、とても大切なことだとは思うのだけれど、なぜかどうしようもなく気持ちが重い一日だった。

そんなこともあって、少ししか時間がなかったけれど、投票をパスして、妻の所に向かった。

病室で妻の爪を切っていると、病院専属のカメラマンが来て、夫婦の2ショットや、看護師さんたちも入ったグループショットなど、いろいろ写真を撮ってくれた。

病院が推進している、ナラティブアルバムに載せるためのものだと思う。

こうした病院に入院している患者や、その家族にとっては、そこは治療する所というより、生活の場そのものという感じになっている。

そのためにも、スタッフと患者、そして家族間の交流を深め、信頼関係を築いていくことを大切にする病院側の考え方は、とても素晴らしいと思う。

帰宅して、開票速報を見ると、民主党にとってかなり厳しい結果になりそうな感じだった。

自民党の中原八一氏の当確ニュースを見て、「”中原ハー”って、ヘンな名前だね」と、2男は言った。

確かにゴシック体のテロップだったから、そう見えなくもなかったのだけれど・・・

彼は、中学3年のときまで、小児科をコジカと読んでいた。

それでも国語の成績はトップクラス。

なんだか人の能力というのは、不可解なものです。

安定期/リハビリ | 【2010-07-11(日) 23:55】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

千羽鶴 【2010-07-18(日) 23:58】
私の仕事仲間が主宰している会の人たちが折った千羽鶴を病室に飾った。

私や妻の友人も何羽か折ってくれている。

なかには全くお会いしたことのない方、名前も知らない方もたくさんいると思う。

だけど、1羽1羽、少しずつ形の違う鶴に、同じ祈りが込められているのが感じられた。

100718.jpg

今日は、山形の実家から私の弟夫婦と、東京在住の伯父さん伯母さんが一緒に面会に来てくれた。

私は都合で行けなかったけれど、代わりにめずらしく子どもたち3人が揃って病院に。

写真は3男が撮ったもので、かなり悲惨な状態・・・。

折ってくれた皆さんに申し訳ありません。

今度、私が行った時に、しっかり撮影してきます。

安定期/リハビリ | 【2010-07-18(日) 23:58】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

半年と1週間 【2010-07-21(水) 23:57】
妻が倒れてから、もう半年と1週間が過ぎました。
いろんなことがありました。
長かったようで、あっという間のようで。

妻がいなければ生きる意味がないと毒を吐いたときもあったけれど、「じゃ、オレたちは何なの?」「しかも母さん、いなくなったわけじゃないし」という子どもたちの言葉や、親族、友人知人の心身両面のサポートやフォローのおかげで、なんとかやってこれました。
そうそう、相変わらずビビリっ子のラッキーにも、ずいぶん慰められました。

大騒ぎした転院騒動も、一緒に探してくれたT夫妻や、妻が敬愛する治療師のM先生の不思議な力のおかげで、とても良い病院に辿り着くことができたし。

ちょっと距離が遠くなって、通う回数は減ったけれど、病院の明るいスタッフと、みんなが折ってくれた千羽鶴がちゃんと見守ってくれています。

100721.jpg

20年間、夫を支え、一緒に会社を経営し、3人の息子を育て、少し疲れが溜まったらしく、もうちょっとだけ休んでいたいようです。

「7月に入ってから、いろいろ表情が出るようになったんですよ」と、リハビリスタッフのSさんが言ってました。

1年経っても、2年経っても、必ず眼を覚ましてくれると信じています。

安定期/リハビリ | 【2010-07-21(水) 23:57】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

"お姉さん"たち 【2010-07-25(日) 18:43】
土曜日(昨日)、妻が姉のように慕っていた二人(ほんとに「お姉さん」と呼んだりしていた)、TさんとKさんが会いに来てくれた。

100725.jpg

定期的に、行ったり来たり、飲んだり食べたりしていた間柄。

いつも話がはずんで、帰りはたいてい深夜になった。

もし妻に意識があったなら、話したいことがたくさんあっただろうと思う。

二人とも(そしてTさんのご主人も)病院の帰り、そのまま我が家に寄って、手料理を作ってくださった。

久し振りにお皿がいっぱい並ぶ本格ディナーに、子どもたちは大喜び。

ごちそうさまでした m(_ _)m

安定期/リハビリ | 【2010-07-25(日) 18:43】 | Comments:(1)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

1歩前進? 【2010-08-06(金) 22:00】
仕事に追われ追われ、どうも追い抜かれそうになったので、思い切って妻の所に一時避難。

急ぎのことがあれば、ネット+PCで、ここでもどこでも対応可能です。(→クライアントのみなさま)

さて、今日も妻は目をパッチリ開いて、私を見てくれた。
あんまり見つめるので、急に顔を近づけて脅かしたら、反射的に目を閉じた。

もしかしたら見えているのかも・・・と思って、今度は目の前で指をパチンと鳴らしたら、やっぱりその瞬間に目を閉じる。
今まではなかったこと。

1歩も2歩も前進した気がして、嬉しくて何度もやったら、その度に反応してくれた。

話も聞こえているような気がしたので、倒れてから今までのことを一通り話した。

 冬に倒れてから半年。もうすっかり夏で、外は35度もあること。

 みんな何とかやっていること。

 いろんな人が助けてくれたこと。

 仕事のほうも順調に進んでいること。

 子どもたちは、いろいろあっても何とか助け合って仲良くしていること。

 ラッキーは、半日ぐらいだったら、お留守番ができるようになったこと。

 私は、胆嚢を取ったせいか8kgほど痩せて、そのおかげで体が軽く、
 血圧も下がり、思いのほか元気なこと。

 新潟のお父さんは、ずっと米を送ってくれていること。
 この間はジャガイモとタマネギもどっさり入っていたこと。

 そして、みんなみんな、あなたが帰ってくるのを待っていること。


安定期/リハビリ | 【2010-08-06(金) 22:00】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

トマトの収穫 【2010-08-08(日) 23:07】
今日もパッチリ目を開いてくれたので、iPod Touch(iPhoneの電話機能のないやつ)で、子どもたちの動画を見せてみた。

そしたら、目の動きが少し早くなった(・・・気がする)
やっぱり、やっぱり、何かを感じているんだろうか。

 「3人とも、あなたが生んで育てた子どもたちだね。
  こうしてみると、私たちってほんとに幸せな家族だった。
  今だって、なんだか幸せな気がするんだよね。フシギだけど」


今朝、庭で採れたトマトの写真も、じっと見ていた。

100808b.jpg

 「今年もキュウリやゴーヤ、トマト、ナス、ピーマンを植えてみた。
  植え方や肥料のこと、よく分からなかったけど、
  去年、あなたがやってたのを思い出しながら、
  見よう見まねでやってみたけど、それでも何とか収穫できた。

  とくにトマトは大豊作。毎日、食べても食べきれないくらい。
  あなたが見たら、大喜びだろうね。
  ああ、もっと手伝っておけばよかった。ハンセイしてます。」

100808a.jpg

去年、妻が、収穫したキュウリやナスを嬉しそうに見せてくれた時、私はちょっと見て「おいしそうだね」と言っただけで、すぐ仕事のPC画面に目を移したことを思い出す。

100808c.jpg

もっと、喜んで欲しかったに違いない。いま自分で収穫してみて、心からそう思う。

 「来年でも再来年でも、今度は一緒に畑仕事をしような・・・」



安定期/リハビリ | 【2010-08-08(日) 23:07】 | Comments:(0)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

車イスでお散歩 【2010-08-14(土) 23:51】
今日は曇りでそれほど暑くなかったので、車イスで病院の庭を散歩した。

遊びに来てくれたGさんも一緒。

100814a.jpg

やぱり外の風は、気分が変わるんだと思う。

初めは眠そうな感じだったけれど、
表に出たらパッチリと目を開けてくれた。

100814b.jpg

病院には妻専用の車イスが置いてあって、
いつでも自由に使うことができる。

かなり高機能で、見た目的にも高そうな感じがする。

100814c.jpg

Gさんはプロのカメラマン。

ケータイカメラでの撮影だけど、あっちこっち動き回りながら
なんとなく仕事モードのような感じでシャッターを押していた。

100814d.jpg


安定期/リハビリ | 【2010-08-14(土) 23:51】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

笑ったり怒ったり・・・ 【2010-08-24(火) 23:50】
今日のリハビリスタッフは、言語療法士のMさんと理学療法士のSさんの2人。

最初、ベッドから車イスに移る時、Sさんが1人で抱き起こそうとするので、手伝おうとしたら「最近は首がしっかりしてきたので1人でできるようになったんです」ということだった。

まず上体を起こしてベッドに座らせ、足を床に付けるような体勢に。
普通に腰掛けている感じ。それだけでもずいぶん今までと違う感じがした。
頭を支えてあげなくても、自分の力でしっかりとその体勢を維持している。

正面から腕を回して、背中を支え、抱き抱えるようにして、車イスに移動。
Sさんの職人技も見事だったけれど、妻も体に力を入れてがんばっているように見えた。

リハビリ室では、まず、言語療法士のMさんが、顔の筋肉をほぐすマッサージ。
声をかけながら、妻の顔を動かしていろんな表情を作っていく。
笑ったり、怒ったり、悩んだり・・・。

そのあとは、口腔ケア。どうも妻はこれがキライらしい。
とてもいやそうな顔をする。

「もう少し楽しそうな顔をしてよ。一生懸命やってもらってんだから」と言ったら、
(私だって、それなりにがんばってるの!)という感じで、ニラマレた(ような気がした)

次は、理学療法士のSさんによる立つ訓練。
1ヵ月ぐらい前までは、ベッドに寝かせて、それを60度ぐらいまで起こすという方法だったけれど、最近は、ベンチに浅く座らせて、そのままベンチの高さを上げていくという方法。

100824.jpg

「ベッドの時は、とにかく縦方向に重力を感じてもらうために、立っている状態を作るということが目的でしたが、今は、本当に立てるようにするための訓練をしているんです。本人にとっては、よりつらいと思いますけど」

とても浅く座るため、脚で踏ん張らないと体重を支えることができない。
太もものあたりを触ってみると、かなり力が入っているのが分かる。

最後はほとんど立っているような状態になるまで、ベンチの高さを上げる。

「首もすわって、体にも少しずつ力が入るようになってきたので、介護するほうもかなりラクになりました」
Sさんがそう言っていた。

安定期/リハビリ | 【2010-08-24(火) 23:50】 | Comments:(2)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

スッキリ顔の妻 【2010-10-14(木) 22:22】
4時ちょっと前、部活がなかったらしく3男(K)が早く帰って来たので、ラッキーの世話を頼み、私は病院へ。

ラッキーに熱烈な片思い状態のKは、ラッキーと2人だけになれることをとても喜んでいた。

ラッキーはKが帰って来ると捕まえられるのを警戒してか、私の所に身を隠して唸ったりするのだけど、それでも、他に誰もいなくなると、彼の膝の上におとなしく乗っかっているらしい。

Kは、それが嬉しくてたまらない。

     *

さてさて3日ぶりに見た妻はいつになくスッキリとした顔をしていた。
どちらかというと、もともとはかわいらしい感じの顔なのだけれど、こうしてじっと見つめられると、表情がないせいか、あるいは、むしろそれだけに無垢な表情だからか、ハッとするほど美しくさえみえてしまう。

月曜日、2男+ラッキーと来た時、少し熱っぽかったのに散歩に連れ出してしまったから、少し心配していたけれど、熱も下がってとても元気なようす。

   熱、下がってよかったね。
   山形から松茸が届いた。
   今年は大豊作なんだって。
   松茸ご飯、上手に作る自信がなかったから
   ホイル焼きにして食べた。ゼータクだよね。
   おいしかった。ふるさとの味がした。
   来年は、あなたがつくった松茸ご飯、食べたい。
   子どもたちには、あなたの味がふるさとの味。

安定期/リハビリ | 【2010-10-14(木) 22:22】 | Comments:(7)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

ブラッシングの練習 【2010-12-19(日) 22:03】
病室に入ると、ちょうどリハビリが始まる時だった。

まずは、ベッドの上で寝返りの練習。

20101219c.jpg

いつものSさんの他、初めてのスタッフがもう1人。

「○○さん 始めまして! 今日もリハビリがんばりましょうね」

と、明るい声で話しかけてくれた。

20101219d.jpg


「もっと力を入れて。こっちですよ、こっち! OK、OK。上手ですよ!」と励ましながら、自分の力で寝返りをさせようとしている。

彼らはみな、「意識がある、ちゃんと聞こえている」という前提で(そういう確信のもと)、すべてを進めている。

何をするにしても、まず声をかけてから始まる。

     *

「昨日はクリスマス会だったんです。ずっと眼を開いて見ていてくれましたよ」――そう言ってSさんは笑った。

いろんな出し物があったらしい。

20代の若手イケメンスタッフが揃うリハビリスタッフは、みんなでダンスを踊ったそうだ。

入院している人に合わせて、選曲は西城秀樹のYMCA・・・。

「年代モノですねえ。そんな曲、よく知ってましたね」と私。

「ビデオを見て練習しました」とSさん。

さぞかし、ウケたに違いない。

妻も大喜びだったはず。

     *

リハビリルームでは、まず鏡の前で、ブラッシングの練習。

20101219a.jpg

「自分でやりましょうね」と言って、ブラシを手に持たせ、ボサボサになってしまった髪を整えた。

もちろん、動かしているのはリハビリスタッフなのだけれど、鏡を見ながら自分で自分の髪をセットするのは、きっと良い刺激になったと思う。

20101219b.jpg

     *

その後は、夫婦で外を散歩しながら、日々の報告を。

「このあいだTさんの家で、B先生にお会いしたよ。」

B先生は、ご主人のN先生と共に、妻がとても敬愛していた人生の大先輩。

妻の病気のことは、ご夫妻で気に掛けていただいていた。

T夫人の手料理とおいしいワインを前に、昼前から夕方の7時ぐらいまで、いろいろと話をすることができた。

今、私たちが置かれているフシギな状況をどう受け止めるべきか、これからどのように生き進んでいくべきか、とても示唆に富んだアドバイスをいただいた。

「今回は、ほんとに勇気をいただいた。あなたは、どんなにか会いたかっただろうね」――妻の表情は少しうらやましそうに見えた。

元気になって、きっとまたお会いできると信じたい。


安定期/リハビリ | 【2010-12-19(日) 22:03】 | Comments:(2)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

雑巾がけの練習? 【2011-01-05(水) 23:59】
2011年も本格的に動き出した感じの今日。

仕事初め。それなりに忙しかったけれど、あんまり穏やかな良い天気だったので、去年の今頃そうだったように妻と一緒に散歩したくなり、つい病院に来てしまった。

ところが車イスに乗せたところ、ちょうどリハビリが始まる時間だったらしく、散歩は後回しということで、そのままリハビリルームに直行。

110105a.jpg
作業療法士による「雑巾がけ」の練習。

雑巾がけ、食卓や私の仕事机あたりを拭いていることを思い出しているのかもしれない。

とにかく掃除が大好きな人だから。

110105b.jpg 今度は、立つ訓練。

リハビリを始めたばかりの頃と違って、器械やイスを使わずに、スタッフの支えだけで、そのまま真っ直ぐ立っている。

ずいぶん進歩した感じがする。

リハビリが終わって、少し疲れ気味のようだったけれど、せっかくだから外に散歩に連れ出した。

散歩の間は周りに誰もいないので、気兼ねなくいろんな話ができる。

  もうすぐ1年になるね。
  T(長男)が作ったお雑煮、ちゃんとおいしかった。
  15日はいよいよセンター試験。
  ちょうどあなたが倒れた日だね。
  いま追い込みでがんばってる。
  今年はきっと良いことがありそうな気がするんだ。
  そう思わない?

110105c.jpg

少し寒くなってきたので、早めに散歩を切り上げ、その代わりベランダでしばしノンビリと。

安定期/リハビリ | 【2011-01-05(水) 23:59】 | Comments:(5)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

最上階のテラスで 【2011-10-10(月) 11:46】
昨日は3連休の中日。とても良い天気だった。

妻が元気なら、きっと車でどこかに行っていたはずの1日。

絶好の行楽日和。車で病院に向かう途中も、家族連れのワゴン車がたくさん走っていた。

私は、この日も妻とお散歩デート?

いつものコースを歩いた後、最上階に広いテラスがあるということを聞いたので行ったみた。

「へえ、こんないい所があったんだね。ほら、サルビアが咲いている」

晴れて穏やかな日だったけれど、もう夕方近くだったせいか、他に誰もいなかった。

IMAG0174.jpg

花の名前、私はサルビアぐらいしか分からなかったけれど、植物に詳しい妻なら、きっと全部分かっただろうと思った。

この病院には、もうひとつベランダがあって、そちらもキレイに手入れされている。

  → 「ベランダでリハビリ」2010年5月2日のブログ

専門の業者が入っているのだろうか。あるいは病院のスタッフでこういうのが好きな人が手入れをしているのかもしれない。

これから寒くなって、外の散歩が難しいときでも、ここなら気軽に来れそうです。

安定期/リハビリ | 【2011-10-10(月) 11:46】 | Comments:(6)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

妻の実家の人たち 【2011-11-12(土) 23:56】
新潟から、妻の両親と弟夫婦、そして姪が来てくれた。

4月以来だから、ほぼ7ヵ月ぶりの再会。

私たち夫婦は、お互いの実家のことが大好きだった。

愛する人を生み育ててくれたというだけで無条件に感謝できたし、そのうえ、それぞれ私たちの結婚を心から祝福し、受け入れてくれていた。

妻は両親に対して、いつも自分はどんなに幸せかということを伝えていたので、私は、何もしなくても、とってもいい夫というイメージをもたれているような気がするし。

     *

父と母が、ベッドの両脇で、妻の身体をさすりながら、「そろそろ目を覚ませ」と訴えていた。

小さい頃から、両親の言うことをわりと素直に聞いてきた娘だったから、その「命令」もきっと聞いてくれるはずと、父も母も、そう思っているような感じだった。

こちらからは、私と長男、そしてラッキー。2男と3男は、それぞれ学校と塾があって、残念ながら会えなかった。

帰り際、また「おみやげ」をどっさりもらった。

おばあちゃんが畑で作った白菜やネギ、玉ネギ、ジャガイモ、長イモ、里イモ、ニンジン、梨 などなど。

それから、ヒジキの煮付けや、きんぴらゴボウ、シイタケとホタテとコンニャクの煮物も。

さっそく夕食にいただいたけれど、これが絶品だった。

20111112.jpg

Y(2男)「こういう料理をおいしいって思えるの、自分でうれしいんだよね」

私「なんで、こんなにおいしいんだろね」

Y「やっぱり、なにか、愛情とか、そういうのが味に影響あるんだと思う」

私「たしかに。きっとさ、孫たちに食べさせたいって思って、おばあちゃん、昨日から一所懸命作ったんだろね」

Y「ほんと、おいしいよね。電話して、おいしいって伝えたい」

私「じゃ、電話しようか。おばあちゃん、喜ぶし」

――ということで、夜遅くなったけれど、電話して、ごちそうさまを伝えました。

安定期/リハビリ | 【2011-11-12(土) 23:56】 | Comments:(3)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

リハビリルーム 【2016-12-16(金) 10:47】
病院の玄関は、すっかりクリスマスモード

DSC_1003.jpg

リハビリルームにもリース&ツリー

DSC_1001.jpg

若くて優しそうなイケメン療法士にリハビリしてもらって、ご機嫌な感じの妻…

DSC_1002-WVNX3-PC.jpg

何をするにも、「○○さん、○○をしますね」と、話しかけながら…

仕事に対する誇りと、優しさ、愛情を感じます。
お世話になりっぱなしで、ほんとに頭が下がります。

きっと妻も感謝の気持ちを伝えたくて、でも、それができずに悔しがってるだろうな…と思いました。

安定期/リハビリ | 【2016-12-16(金) 10:47】 | Comments:(7)
闘病ブログ村ランキング  人気ブログ・ランキング

前のページ
最近の記事+コメント
全ての記事(新しい順)
訪問者数(2010年1月~)
闘病ブログ村ランキング

人気ブログ・ランキング

順位が上がるとヤル気が出ます!
    
お気に入りリンク集
応援サイト
shirayukihimepj.png
RSSリンクの表示